防衛外交とは何か―平時における軍事力の役割

個数:
電子版価格 ¥4,400
  • 電書あり

防衛外交とは何か―平時における軍事力の役割

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月21日 23時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 307p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326303076
  • NDC分類 393
  • Cコード C3031

出版社内容情報

軍事力は戦争のためだけにあるのではない。いま日本に必要な「防衛外交」を一流の専門家が総合的に論じる、安全保障の必読本!

冷戦後、軍事アセットを使って相手国との関係強化や地域の安定化を図る「防衛外交」が行われるようになってきた。アジアでも中国の軍事外交が活発化し、それに対抗する防衛外交が各国で急ピッチで進んでいる。日本の安全保障を考える上で避けて通れないこの新しい潮流を、新進の研究者や防衛省・自衛隊の元幹部が正面から論じる。

内容説明

冷戦後、艦艇や航空機などの軍事アセットを使って相手国との関係強化や地域の安定化を図る「防衛外交」が世界各国で行われるようになってきた。アジアでも中国の「軍事外交」が活発化し、それに対抗する防衛外交が各国で急ピッチで進んでいる。日本の安全保障を考える上で避けて通れないこの課題を、新進気鋭の研究者や防衛省・自衛隊の元幹部が多角的に検証する。

目次

防衛外交がなぜ日本に必要か
第1部 防衛外交の論理(「防衛外交」とは何か―平時における軍事力の役割;防衛外交の潮流と課題;戦略的コミュニケーションと防衛外交)
第2部 日本の防衛外交(防衛省・自衛隊が行う防衛外交;活性化する日本の防衛外交―インド太平洋への広がりとツールの多様化)
第3部 先進各国の取り組み(イギリスの防衛外交・防衛関与―新たな古典的役割の模索;フランスの防衛・安全保障協力―世界大の軍事ネットワークを土台とした危機管理;オーストラリアの地域防衛関与―南太平洋と東南アジアにおける「足跡」 ほか)
日本の防衛外交の現状と将来に向けての提言