平和学入門〈1〉平和を理解するための思考のドリル

個数:
電子版価格 ¥2,750
  • 電書あり

平和学入門〈1〉平和を理解するための思考のドリル

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年12月06日 18時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 240p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326302895
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C3031

出版社内容情報

平和を科学的に研究し、その成果を共有するためには何が必要か。国際社会の平和について学ぶ上で基本となる事項をわかりやすく解説。

平和学は、戦争、貧困、開発、人権といった様々なテーマが関係する分野である。本書ではこのような国際関係論のテーマと平和学を関連づけ、平和学の歴史、そして平和や戦争をどのように理解するべきなのかを、初学者にもわかりやすく説明し、さらに行動学としての平和学、すなわち、平和構築方法論のエッセンスを提供する。

内容説明

平和や戦争をどのように理解するべきか。国際社会の平和について学ぶ上での基本事項をわかりやすく解説し、平和構築方法論のエッセンスを提供する。

目次

第1部 学問としての平和学(平和学と国際関係論;国際社会のモデル化;平和の概念整理)
第2部 現代型平和学の発達とパラダイムチェンジ(現代型平和学以前の平和学;紛争の科学的分析の登場;ゲーム理論による発展;平和ならざる状態(ピースレスネス)
構造的暴力と積極的平和
平和学の制度化)
第3部 平和学を学ぶ上での事象の背景(紛争関連資料の集め方・読み方;核兵器と安全保障;経済関連指標と世界の現実;貧困者の声)

著者等紹介

多賀秀敏[タガヒデトシ]
1949年、千葉県生まれ。1981年、早稲田大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。修士(法学)。新潟大学法学部助教授、同教授を経て、早稲田大学社会科学総合学術院教授。2020年、退職。1978年から1981年まで日本平和学会事務局長、2002年から2005年まで北東アジア学会長。2009年から2013年まで早稲田大学社会科学総合学術院長。専門は、平和学および国際関係論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。