平等の教育社会学―現代教育の診断と処方箋

個数:

平等の教育社会学―現代教育の診断と処方箋

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2019年08月19日 10時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 212p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326251339
  • NDC分類 371.3
  • Cコード C3037

内容説明

学力格差、進路選択、不平等な子ども期など、「教育と不平等」の問題に焦点を当て、実証的に議論を展開する。

目次

第1部 キャリアはひらかれているか?(90年代以降の大都市における若者の職業意識の変化―「若者のワークスタイル調査」より;若者のトランジションと社会変容―JELS調査でみる高卒後10年 ほか)
第2部 格差に挑む(親の学歴期待と子の学歴希望・教育達成―変化するなかでの関係性および階層差;我が子に対する学歴期待と自身の大学時代の学びや成長―大学既卒者に対する大規模調査に基づいて)
第3部 学歴社会を超えて(不本意入学からの脱出―「高専卒業生アンケート」の分析から;国境を越えた職業達成に対する学歴の効果―アメリカThe New Immigrant Survey(NIS)第一波調査の分析)
第4部 子どもと教育の最前線(選択としての発達障害と医療格差―発達障害児の親へのインタビュー調査から;保育者の専門性とは何か―保育者の専門性の実証的分析試論)
第5部 平等の教育社会学(学力格差の社会学―高い成果を上げている学校に学ぶ)

著者等紹介

耳塚寛明[ミミズカヒロアキ]
現在:お茶の水女子大学基幹研究院人間科学系教授。最終学歴:東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学

中西祐子[ナカニシユウコ]
現在:武蔵大学社会学部教授。最終学歴:お茶の水女子大学大学院博士課程人間文化研究科修了。博士(学術)

上田智子[ウエダトモコ]
現在:聖徳大学児童学部講師。最終学歴:お茶の水女子大学大学院博士課程人間文化研究科単位取得満期退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「教育と不平等」に着目し、データを基に教育達成や学力格差の問題を分析。現代の教育や社会関係を実証的に診断し、処方箋を示す。