教師の責任と教職倫理―経年調査にみる教員文化の変容

個数:

教師の責任と教職倫理―経年調査にみる教員文化の変容

  • ウェブストアに24冊在庫がございます。(2018年08月17日 15時08分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 512p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326251278
  • NDC分類 374.3
  • Cコード C3037

内容説明

学校教員を対象とする経年調査により、教師の意識やその変化を捉えるとともに、東日本大震災被災地の学校・教員への調査から、教育の困難と可能性を追究する。

目次

序 日本の教員文化の現在と「教師の責任と教職倫理」―本書のテーマと方法
第1部 10地域教師調査の結果と、そこに見る10年前調査からの変化(「教師の責任と教職倫理」の文化論と社会過程論―1994年と2011年の2つの被災事件から問われるもの;質問紙調査の課題と内容構成、対象と方法、結果概要;10年前調査からの変化のなかにみえること;教職アイデンティティの変化とその含意;学校職場と教師の意識・生活 ほか)
第2部 東日本大震災・被災地教師調査の結果分析(調査の目的、経過、対象と方法;質問紙調査の結果概要;被災地訪問とインタビュー調査(自由記入を含む)から)
結び 経年比較にみる教員文化の変容と「教師の責任と教職倫理」に関する教員文化論的分析

著者等紹介

久冨善之[クドミヨシユキ]
一橋大学・大学院社会学研究科・名誉教授

長谷川裕[ハセガワユタカ]
琉球大学・人文社会学部・教授

福島裕敏[フクシマヒロトシ]
弘前大学・教育学部・教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「教師の責任」を社会的・文化的文脈で分析しつつ、教職倫理の問題を、日本の学校文化・教員文化の動態として実証的に解明する。東日本大震災での被災をめぐる経験、「いじめ」問題等を通して、学校で「子どもの命と安全」を守る教師の責任が改めて問われている。子ども・親の持つ教師への期待を、今日の教師たちはどのように認知し、それに対する責任意識を持っているのか。その実態について質問紙調査を通じて分析しつつ、教員文化の再構成の可能性を追究する。

はじめに─研究目的・研究過程[久冨善之]



序 日本の教員文化の現在と「教師の責任と教職倫理」―本書のテーマと方法[長谷川裕]

 1.本書のテーマ

 2.研究の方法と本書の構成



第?部 10地域教師調査の結果と、そこに見る10年前調査からの変化



第1章 「教師の責任と教職倫理」の文化論と社会過程論─1994年と2011年の2つの被災事件から問われるもの[久冨善之]

 1.1994年「大河内清輝君『いじめ』自殺」事件の現地を訪ねて

 2.大川小学校被災跡地に立って

 3.形成されてきた、ある姿の「学校文化」─「教育と責任」をめぐる諸関係の構成



第2章 質問紙調査の課題と内容構成、対象と方法、結果概要[久冨善之]

 1.教師対象質問紙調査の課題

 2.質問紙の内容構成

 3.質問紙調査の対象者と、実施過程

 4.各質問への回答結果



第3章 10年前調査からの変化のなかにみえること[福島裕敏]

 1.課題・方法・対象者

 2.各項目の変化

 3.教師を取り巻く人間関係の変容

 4.教職観の変容

 5.教職生活の変容

 6.教職アイデンティティの規定要因の変容

 7.まとめ



第4章 教職アイデンティティの変化とその含意[長谷川 裕]

 1.分析方法

 2.教職アイデンティティ関連6項目への回答の因子分析と度数分布

 3.教職アイデンティティ2因子と諸質問項目との相関分析

 4.教職アイデンティティにどのような変化が見られ、それは何を含意しているか



第5章 学校職場と教師の意識・生活[福島裕敏]

 1.課題・方法・対象者

 2.学校職場の雰囲気把握の分化と属性による違い

 3.学校による雰囲気の違い

 4.学校職場の雰囲気の規定性

 5.学校職場の雰囲気の規定性の時系列比較

 6.まとめ



第6章 教職観をめぐる時代的変化と、その今日的動向[久冨善之]

 1.教師自身の教職観のこの20余年間の変化

 2.教師自身の教職観のこの10年間の変化を、6項目で見る

 3.教職観共通7項目の因子分析を通じてこの20余年間の変化を見る

 4.2014年調査の教職観13項目の因子分析を通じて

 5.教師自身の教職観をめぐる分析の残された課題



第7章 教師のバーンアウトの変化と現代的要因連関[山田哲也]

 1.教師たちのバーンアウトをめぐる状況─過去の調査との比較

 2.属性別にみたバーンアウトをめぐる状況

 3.何がバーンアウトを生み出すのか

 4.まとめと今後の課題



第8章 教師の期待認知・責任意識とその性格[長谷川裕]

 1.期待認知と責任意識の関係 (1)

 2.期待認知と責任意識の構造

 3.期待認知と責任意識の関係 (2)

 4.期待認知・責任意識と諸変数との関係

 5.教員の期待認知・責任意識はどのような性格を帯びているか



第9章 教育改革施策の全国・各調査地域における取組み状況[本田伊克]

 1.全国での教育改革施策取組み状況

 2.10地域における改革施策への取組み傾向

 3.各地域における教育改革施策取組みの特徴

 4.「上からの学校組織改革」と「関係者等の学校寄与」において特徴的な傾向を示す地域

 5.まとめと考察



第10章 教育信念をめぐる闘争─強権的注入 vs. 協調的発達支援[山本宏樹]

 1.教育信念とその闘争

 2.理論仮説:教育信念の2信念4類型

 3.調査の方法と概要

 4.教育信念の分析

 5.おわりに



第11章 特別支援教育の取り組み状況の校種間比較─教師の期待認知・責任意識の形成に着目して[松浦加奈子]

 1.特別支援教育に着目する意義

 2.調査の概要

 3.特別支援教育に力を入れている学校

 4.特別支援教育への取り組みと職場の雰囲気・状況

 5.特別支援教育に対する教師の期待認知・責任意識の形成

 6.まとめと考察



第12章 闘争なき時代における教師の政治意識[松田洋介]

 1.闘争なき時代の教師の政治意識をさぐる

 2.政治的有効性感覚という視点

 3.教師の政治的有効性感覚の諸相

 4.考察



第13章 訪問したD町とその2中学校に見る教育活動の特徴[久冨善之]

 1.全国10地域との回答結果を比較してのD町の特徴

 2.2つのD町立中学校訪問・インタビューから



第?部 東日本大震災・被災地教師調査の結果分析



第14章 調査の目的、経過、対象と方法[福島裕敏]

 1.目的・経過・組織

 2.質問紙の内容構成

 3.調査の対象と方法



第15章 質問紙調査の結果概要[福島裕敏]

 1.回収率と回答者の属性

 2.各設問に対する回答傾向にみる各地域の特徴

 3.各地域の特徴の集約的把握

 4.教職アイデンティティ関連因子と他の因子との相関

 5.まとめ



第16章 被災地訪問とインタビュー調査(自由記入を含む)から[久冨善之]

 1.質問紙「自由記入」欄の記入者率の違い

 2.A市の41人の「自由記入」で目立つ困難性

 3.B市39人の「自由記入」にみられる津波被災とその後

 4.C市43人の「自由記入」に表れる支援を受ける側のジレンマ

 5.2市4教師の話から見えてくるもの

 6.「自由記入」と「インタビュー結果」から見えてきたもの



結び 経年比較にみる教員文化の変容と「教師の責任と教職倫理」に関する教員文化論的分析[長谷川 裕]

 1.本書のテーマ、特に「教師の責任と教職倫理」というテーマの確認

 2.日本の教員文化の「現在」に関連する知見とその含意の整理

 3.経年比較調査が示す日本の学校教員の教員文化の現在

 4.「教師の責任と教職倫理」と教員文化

 5.今後の追究課題



おわりに─「日本の教員文化」研究30余年を振り返って:本書研究成果の位置と課題を考える[久冨善之]

 1.「日本の教員文化」という課題意識

 2.「教師の責任と教職倫理」という課題意識から見えてきたもの



索引

久冨 善之[クドミ ヨシユキ]
編集

長谷川 裕[ハセガワ ユタカ]
編集

福島 裕敏[フクシマ ヒロトシ]
編集