多文化教育をデザインする―移民時代のモデル構築

個数:
  • ポイントキャンペーン

多文化教育をデザインする―移民時代のモデル構築

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月15日 03時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 258p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326250905
  • NDC分類 371.5
  • Cコード C3037

内容説明

差異と共に生きる多文化教育をどのように実践していけばよいのか。グローバル化の進展による移民時代の到来を視野に、外国人の子どもの課題を広くすべての子どもの課題として捉え直し、日本における多文化教育のあり方や、その実現に向けたプロセスを検討する。

目次

第1部 多文化教育の理念と枠組み(日本における多文化教育の構築―教育のユニバーサルデザインに向けて;多文化教育における政策的課題と葛藤―アメリカ合衆国における調査が示唆するもの;「学力保障」と「多様性」―新労働党政権下のイギリスの学校における多文化教育;多文化社会の市民性教育―オーストラリアの取り組みが示唆するもの)
第2部 多文化教育と学校(多文化教育のカリキュラム・デザイン―日本人性の脱構築に向けて;多文化クラスの授業づくり―CALLAプログラムと学力保障;児童期の二言語力の形成―イギリス居住のスリランカ人家族の事例から;多文化教育研究と教師の力量形成―外国人集住地域における中学校教師の実践)
第3部 多文化教育と地域(双方向の学びのモデルの構築―外国人分散地域における外国人児童生徒学習交流会の実践から;外国人児童生徒と高校・大学への接続―3つのNPO・学習支援教室の実践と役割から学ぶ;デカセギ第二世代の市民性形成への萌芽―第二世代による実践共同体)
多文化共生社会の実現に向けて―日本社会の脱構築と再構成のプロセス

著者紹介

松尾知明[マツオトモアキ]
1962年生まれ。ウィスコンシン大学マディソン校教育学研究科博士課程修了、Ph.D(教育学)(ウィスコンシン大学マディソン校、1999年)。現在、国立教育政策研究所・初等中等教育研究部・総括研究官。専門:多文化教育、カリキュラム(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)