教育思想史で読む現代教育

個数:

教育思想史で読む現代教育

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 401,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326250875
  • NDC分類 371.2
  • Cコード C3037

内容説明

錯綜する現代の教育状況に、どうアプローチすればよいのか。教育現実のもつ複雑さと重層性に迫るため、「思想史」という回路を通して現代教育の全体像を炙り出す。教育学を学ぶための教育思想史入門。

目次

ふたたび近代教育を問い直す(近代教育と形而上学―「自然」概念再考)
第1部 システム(政治―逆コース史観のアンラーニング;大学―脱・機能主義の大学像の構築に向けて;都市―ジンメルの思想に内在する人間形成論を解読する試み ほか)
第2部 知(教養―ヨーロッパ的人間形成と知的文化;人間形成―教育科学の基礎概念としてのBildung;教科書―コメニウス『汎教育』における書物一般と学校用書物 ほか)
第3部 人間(人間学―京都学派人間学と日本の教育学との失われた環を求めて;倫理的基礎―教育を支える愛;臨床―教育理論における臨床性志向の意義と課題 ほか)
教育思想史から教育学へ、ふたたび(教育思想史の方法論的反省―「発達」概念の思想史の試みを軸にして)

著者紹介

森田尚人[モリタヒサト]
1944年生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。現在、中央大学文学部教授

森田伸子[モリタノブコ]
1945年生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。現在、日本女子大学人間社会学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)