ムカシのミライ―プロセス考古学とポストプロセス考古学の対話

個数:
  • ポイントキャンペーン

ムカシのミライ―プロセス考古学とポストプロセス考古学の対話

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年08月25日 18時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326248490
  • NDC分類 202.5
  • Cコード C3020

内容説明

考古学の二大潮流をなすプロセス考古学とポストプロセス考古学。その両雄である、阿子島香と溝口孝司が向き合い、語り合った。哲学、生物学、人類学も交え、日本の考古学を一歩先へ!

目次

第1章 考古学理論との対峙―プロセス考古学とポストプロセス考古学をなぜ議論するのか
第2章 対談 ムカシのミライ:プロセス考古学×ポストプロセス考古学
第3章 プロセス学派とポストプロセス学派の相克をめぐる人類学的布置
第4章 歴史科学としての現代考古学の成立―研究者ネットワークと周辺分野との関係について
第5章 埋蔵文化財にかかわる日々の業務の中で
第6章 プロセス考古学の現在から日本考古学の未来へ
第7章 ポストプロセス考古学的フェイズにおける社会考古学―リコメント、あるいは同時代的状況の中で適切に体系的に「温故知新」を行うために

著者等紹介

阿子島香[アコシマカオル]
1955年生。ニューメキシコ大学大学院博士課程修了。Ph.D.現在は東北大学大学院文学研究科教授。専門は考古学

溝口孝司[ミゾグチコウジ]
1963年生。ケンブリッジ大学大学院博士課程修了。Ph.D.現在は九州大学大学院比較社会文化研究院教授。専門は社会考古学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

世界の、そして日本の考古学が進むべき道は? プロセス考古学とポストプロセス考古学の対話を通して、世界的潮流とその針路を探る。

はじめに[井原泰雄]

第1章 考古学理論との対峙──プロセス考古学とポストプロセス考古学をなぜ議論するのか[中尾央]

第2章 [対談]ムカシのミライ:プロセス考古学×ポストプロセス考古学[阿子島香・溝口孝司・中尾 央 司会:菅野智則]

第3章 プロセス学派とポストプロセス学派の相克をめぐる人類学的布置[大西秀之]

第4章 歴史科学としての現代考古学の成立──研究者ネットワークと周辺分野との関係について[三中信宏]

第5章 埋蔵文化財にかかわる日々の業務の中で[菅野智則]

第6章 プロセス考古学の現在から日本考古学の未来へ[阿子島香]

第7章 ポストプロセス考古学的フェイズにおける社会考古学──リコメント、あるいは同時代的状況の中で適切に体系的に「温故知新」を行うために[溝口孝司]

あとがき[田村光平・有松唯]
索引

阿子島 香[アコシマ カオル]
監修

溝口 孝司[ミゾグチ コウジ]
監修