“20世紀史”を考える

個数:

“20世紀史”を考える

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月23日 15時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 322,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326248346
  • NDC分類 209.7
  • Cコード C1020

目次

「現代史(同時代史)」とは何か
第1篇 歴史・記憶・責任(日本の戦争責任・戦後責任論争とその新展開;「スターリニズム責任」という問題;集団的責任・集団的記憶・歴史)
第2篇 “二〇世紀史”における社会正義(社会主義―その栄光と悲惨;「近代化」再考の視点から;「民主主義」論の視点から ほか)
第3篇 歴史の方法(「新しい歴史学」の問題提起;「歴史的事実」とは何か;「歴史の進歩」をめぐって)
“二〇世紀史”を振り返って
付録 読書ノートから

著者紹介

塩川伸明[シオカワノブアキ]
1948年東京生まれ。1974年東京大学教養学部教養学科卒業。1979年東京大学大学院社会学研究科(国際関係論)博士課程単位取得退学。現在、東京大学大学院法学政治学研究科・法学部教授

出版社内容情報

20世紀とはどういう時代であったか。同時代史としてのこの1OO年の意味をじっくりと考える。今日の世界が形成されてきた過程を探る。

20世紀は様々な内容からなるが、強い印象を与えるのは、二度の世界大戦、社会主義の成立と崩壊、ナチズムやファシズムの体験だろう。これらはなぜおきたのか。本書では、歴史における記憶と責任の問題・社会主義の諸問題・歴史の理論と方法の三テーマから100年の歴史過程を追求し、位置づけていく。

関連書:塩川伸明『現存した社会主義』(小社刊)

1 「現代史(同時代史)」とは何か

第Ⅰ篇 歴史・記憶・責任

2 日本の戦争責任・戦後責任論争とその新展開
3 「スターリニズム責任」という問題
4 集団的責任・集団的記憶・歴史

第Ⅱ篇 《20世紀史》における社会主義

5 社会主義──その栄光と悲惨
6 「近代化」再考の視点から
7 「民主主義」論の視点から
8 「帝国とネーション」の視点から
9 「冷戦後」「社会主義後」という時代

第Ⅲ篇 歴史の方法

10 「新しい歴史学」の問題提起
11 「歴史的事実」とは何か
12 「歴史の進歩」をめぐって

終章 《20世紀史》を振り返って

付録 読書ノートから

1 加藤典洋『敗戦後論』
2 藤原帰一『戦争を記憶する』

あとがき
索引