シベリア抑留を問う

個数:

シベリア抑留を問う

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年10月15日 17時20分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 252p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784326248247
  • NDC分類 210.75

内容説明

シベリア抑留とは、日ソ両国にとってどのように総括されるべきか。60万捕虜の1人として3年、身に覚えのない“反ソ敵対分子”、戦犯として7年、収容所生活を送った著書が、苦渋に満ちた体験を踏まえて問う。

目次

1 シベリア版戦後史11年―兵隊1年有半、捕虜3年、囚人7年(兵隊時代;捕虜時代―武装解除された関東軍兵士たち;囚人時代)
2 シベリア民主運動―60万捕虜戦後史の端緒(シベリア民主運動の明と暗;民主運動の諸初;中国共産党の日本人捕虜に対する処遇;民主運動の総括)
3 戦後史における日ソ関係の諸問題―600万人対60万人の意味するもの(捕虜長期抑留の政治的後遺症―問題の発端と核心;捕虜抑留の政治的損益計算書)

出版社内容情報

シベリア抑留は日ソ両国にとってどう総括されるべきか。60万捕虜の1人として3年,身に覚えのない戦犯として7年の収容所生活を送った著者が苦渋の体験を踏まえて問う。

シベリア抑留とは、日ソ両国にとってどのように総括さ
れるべきか。60万捕虜の一人として3年、身の覚えのない
”反ソ敵対分子”、戦犯として7年、収容所生活を送った
著者が、苦渋に満ちた体験を踏まえて問う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【目次】

Ⅰ シベリア版戦後史11年
   ―兵隊1年有半、捕虜3年、囚人7年―
  1 兵隊時代
  2 捕虜時代    ―武装解除された関東軍兵士たち―
  3 囚人時代

Ⅱ シベリア民主運動
   ―60万捕虜戦後史の端緒―
  1 シベリア民主運動の明と暗
  2 民主運動の諸相
  3 中国共産党の日本人捕虜に対する処遇
  4 民主運動の総括

Ⅲ 戦後史における日ソ関係の諸問題
   ―600万人対60万人の意味するもの―
  1 捕虜長期抑留の政治的後遺症
    ―問題の発端と核心―
  2 捕虜抑留の政治的損益計算書

あとがき
軍事捕虜帰還年表