双書現代倫理学<br> 現代倫理学基本論文集〈3〉規範倫理学篇〈2〉

個数:

双書現代倫理学
現代倫理学基本論文集〈3〉規範倫理学篇〈2〉

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2021年12月07日 16時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 323p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326199723
  • NDC分類 150.4
  • Cコード C3312

出版社内容情報

英米圏の現代倫理学の展開を追う上で、まずおさえておくべき重要文献を精選して収録。本巻では契約論・契約主義と徳倫理学を扱う。

ホッブズ的な契約論を批判的に継承し、自己利益の最大化を目指す個人間の合意形成を描いたゴティエ。自由で平等な個人間の相互尊重を論じたスキャンロン。徳倫理学の復興に道を拓いたアンスコム。独自の徳倫理学を探るスロート。アリストテレス主義の徳倫理学を牽引するハーストハウス。各論文を紹介する充実した監訳者解説つき。

内容説明

現代倫理学のマイルストーン。道徳は、私たちに何を求めているのか?互いに合意した原則に従うことだとする契約論・契約主義、有徳な人柄やその表出だとする徳倫理学。それぞれの記念碑的文献を収録。

目次

第1部 契約論/契約主義(なぜ契約論か?;契約主義の構造)
第2部 徳倫理学、またはその先駆(現代の道徳哲学;行為者基底的な徳倫理学;規範的な徳倫理学)

著者等紹介

ゴティエ,デイヴィッド[ゴティエ,デイヴィッド] [Gauthier,David]
1932年カナダ生まれ。オックスフォード大学で博士号取得後、トロント大学とピッツバーグ大学で教鞭を執る。現在はピッツバーグ大学名誉教授

スキャンロン,T.M.[スキャンロン,T.M.] [Scanlon,T.M.]
1940年アメリカ生まれ。ハーヴァード大学で博士号取得後、プリンストン大学とハーヴァード大学で教鞭を執り、2018年にアメリカ哲学協会会員に選出

アンスコム,G.E.M.[アンスコム,G.E.M.] [Anscombe,G.E.M.]
1919年アイルランド生まれ。オックスフォード大学を拠点に長く研究を行い、1970年からはケンブリッジ大学で教鞭を執る。2001年没

スロート,マイケル[スロート,マイケル] [Slote,Michael]
1941年アメリカ生まれ。ハーヴァード大学で博士号取得後、トリニティ・カレッジ(ダブリン大学)やメリーランド大学などで教鞭を執り、現在、マイアミ大学教授

ハーストハウス,ロザリンド[ハーストハウス,ロザリンド] [Hursthouse,Rosalind]
1943年イギリス生まれ。ニュージーランドで育ち、オックスフォード大学で博士号取得。イギリスの放送大学(Open University)で長く教鞭を執り、その後、オークランド大学の哲学教授に就任。現在は同大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

隠居

0
待望の翻訳だが全体的に内容が古すぎる。今さらゴティエやハーストハウスを読んでも仕方ない。2021/11/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18376807

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。