双書エニグマ<br> 共同性の現代哲学―心から社会へ

個数:

双書エニグマ
共同性の現代哲学―心から社会へ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月24日 13時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 217,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326199099
  • NDC分類 104
  • Cコード C3310

出版社内容情報

社会が存立しているとはどういうことか。哲学では行為や心を個人単位でとりあげることが多かったが、社会を扱えるように議論を拡張する。

Ⅰ部は個人の心と行為を説明する。ここでいう個人とは合理的行為者である。彼/彼女のもっている信念・欲求・意図などは志向性とよばれる。Ⅱ部では言語行為論を拡張する。Ⅲ部は共同行為論。集団的志向性は個々の成員のそれに還元できると説く。Ⅳ部では社会組織の成立と条件を問う。

関連書:同著者『時間論の構築』(小社刊)


序論 心と行為と社会のつながり

Ⅰ 心と行為

第一章 志向性と合理的行為者
1 心と志向性
2 志向性とは何か──デネットの志向システム
3 志向システムの分析
4 二つのエージェントモデル

第二章 志向性の心理学としての心の理論説
1 心の理論説
2 心の理論説と心の哲学

Ⅱ 言語使用と行為

第三章 言語行為論の検証
1 オースティンの言語行為論
2 サールの言語行為論
3 言語行為論の限界

第四章 行為としての発話
1 デイヴィドソンの行為論
2 発話を行為として捉えなおす
3 信頼と協力の役割

Ⅲ 共同の行為と心の共同性

第五章 集団的志向性と宣言
1 集団的志向性の規定
2 言語共同体における集団的信念
3 宣言の分析

第六章 共同行為とコミュニケーション
1 共同行為の規定と分析
2 コミュニケーションの相互作用モデル
3 言語ゲームの解明
4 共同行為としてのコミュニケーション

Ⅳ 社会組織成立の基盤と認識の歴史性

第七章 社会組織と社会的現実性
1 社会組織とは何か
2 社会組織における合意形成の手続き
3 社会的規範
4 集団的合意形成と社会組織の再編

第八章 認識の集団性と歴史性
1 認識基盤は改訂されうる
2 信念の伝承
3 認識基盤と信念構造
4 信念の集団性と歴史性


あとがき
文献表
人名索引/事項索引

内容説明

社会が存立しているとはどういうことか。心の哲学、言語行為論の拡張、集団的志向性の分析等々により人間の統一像を描く。

目次

1 心と行為(志向性と合理的行為者;志向性の心理学としての心の理論説)
2 言語使用と行為(言語行為論の検証;行為としての発話)
3 共同の行為と心の共同性(集団的志向性と宣言;共同行為とコミュニケーション)
4 社会組織成立の基盤と認識の歴史性(社会組織と社会的現実性;認識の集団性と歴史性)

著者等紹介

中山康雄[ナカヤマヤスオ]
1952年静岡県に生まれる。1975年京都大学理学部卒。1987年ベルリン自由大学哲学部哲学博士(Dr.phil.)の学位取得。現在、大阪大学大学院人間科学研究科教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

らむだ

0
要再読2012/11/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/251600
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。