写真の哲学のために―テクノロジーとヴィジュアルカルチャー

写真の哲学のために―テクノロジーとヴィジュアルカルチャー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 192p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326153404
  • NDC分類 740.4
  • Cコード C3010

出版社内容情報

人類は呪術的な画像イメージの段階から、概念的思考が可能な文字テキストの時代を経て、150年前に「写真」という新しいメディアを得た。写真以後、映画、TV、コンピュータを含め、著者が称するところの「テクノ画像」(複製メディア)の時代へと突入する。このメディアは一見現実をそのまま捉えるかにみえるが、「装置」が介在し、制作、流通、受容の場を支配する。 脱産業社会/情報社会における人間の「自由」はどう得られるのか? 文明論的考察。

内容説明

脱産業社会/情報社会における「装置」と「人間」が作り出す新しい自由とは何か。ベンヤミン、マクルーハンを超えるメディア=文明論の地平。

目次

写真の哲学のために―テクノロジーとヴィジュアルカルチャー(画像;テクノ画像;写真装置;写真行為;写真;写真の流通;写真の受容;写真の宇宙;写真の哲学の必要性)
解説 文化の大転換のさなかに―二〇世紀末にフルッサーをどう読むべきか

著者等紹介

フルッサー,ヴィレム[フルッサー,ヴィレム][Flusser,Vil´em]
1920年、チェコのプラハに生まれ、1939年にプラハ大学で哲学の研究を始めた。1940年に、まずイギリス、ロンドンに移住し、それに続いてブラジル、サンパウロに赴き、そこで研究を進めた。学問的な活動と並行して、1961年まで変圧器会社の部長も務めた。言語哲学的な主題に関する最初の論文は1957年、「サンパウロ文学」で発表され、1960年より同誌の同人となった。1959年、科学哲学の講師としてサンパウロ大学に招聘される。1961年から数多くのブラジルの新聞や雑誌で定期的に論文を発表。1962年、ブラジル哲学協会の会員となる。1963年には、サンパウロにある「コミュニケーションと精神科学のための大学」のコミュニケーション哲学の正教授に任命される。また、ビエンナーレ美術財団の顧問に招請される。1964年から、ブラジルの哲学雑誌の共同編集者になる。1966年には、アメリカ合衆国とヨーロッパでの文化的な共同研究のために、ブラジル外務省の大使となる。1967年より、アメリカとヨーロッパのさまざまな大学で数多くの客員講義を行う。また、さまざまな国際会議にブラジル代表として参加する。アメリカ、ヨーロッパの数多くの新聞と雑誌にも執筆。1972年にイタリアに移住したのち、フランスに転居する。1977年より定期的にブラジルで講演旅行を行う。70年代にはヨーロッパに拠点を置き執筆・講演活動を続けた。1991年、交通事故によりプラハで不慮の死を遂げる。1997年、メディア哲学への多大な貢献が認められ、カールスルーエのZKM(芸術とメディアテクノロジーのためのセンター)より「ジーメンス・メディア芸術賞」を授与される

深川雅文[フカガワマサフミ]
1958年佐賀市生。九州大学文学部哲学科西洋哲学史卒業・同大学院文学研究科修士課程修了。1988年より川崎市市民ミュージアム・学芸員。写真論、デザイン論。著書に『光のプロジェクト―写真、モダニズムを超えて』(青弓社、平成20年度日本写真協会学芸賞受賞)などがある

室井尚[ムロイヒサシ]
1955年山形生。京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了。現在、横浜国立大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。