自分であるとはどんなことか―完・自己組織システムの倫理学

個数:

自分であるとはどんなことか―完・自己組織システムの倫理学

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 298,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326153282
  • NDC分類 150
  • Cコード C3012

出版社内容情報

『他者とは誰のことか』『権力とはどんな力か』の続篇(完結篇)。「個人と社会」問題を原理的に考えなおす。議論のベースになっているのはルーマンのシステム論である。

内容説明

若い人たちの「所在なさ」の感覚に照準し、考える。自分らしさとは何か、そのことと社会はどう関連するのか。

目次

序章 自分らしく生きる
第1章 自分と行為と、社会
第2章 意味と意図、行為の共軛的実現
第3章 わたしの社会的構成
第4章 システムとしてのわたし
第5章 わたしは、他者と直接にはふれあえない
第6章 心システム・社会システムの自己創出
終章 倫理的自閉と、日常の不本意感―総括にかえて

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こもりそ

5
内容としては、ルーマンの社会システム論に英米圏の分析的伝統の中で培われた概念で少し味付けを加えたものといった印象。アクチュアルな社会問題を念頭に置きつつ展開される自己所有の概念をめぐる多様な論考は、テクニカルであるとされる分析哲学にも問題を解決する力があることを感じさせる。ポストモダンやニューアカといった言葉が流行るのを横目に見つつ、地道な学的探究の道を歩んできた成果である。2020/01/08

梨と港

0
ルーマン未読者なので少し心配でしたが、最後まで追っていくことができました。2010/02/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/186010

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。