生権力論の現在―フーコーから現代を読む

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 271,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784326102051
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C3010

内容説明

ポストモダン的なフーコーの受容を超えて、新たな領域へと拡散しつつ応用される豊穣な議論へ。生命の世紀である21世紀を解読する軸として、今新たな視角から求められている「生権力」概念。人類学、社会学、哲学を専門とする気鋭の論者の論考によって、フーコーの議論の原理的な潜勢力を明らかにする。

目次

序章 生権力論の現在/生権力論の未来
第1章 臓器移植の生経済―治療から数の調整へ
第2章 “機械‐人間”というイマージュ―生政治学と計算機科学における自己の編成
第3章 呼び戻される「国民」―移民制度の変遷にみる「統治性」
第4章 近代家族の空間配置―生権力論のなかの「家族」
第5章 生命と認識―エピステモロジーからみる「生権力」の可能性
研究動向―生政治と統治性の現在
結語に代えて―身体の何が構築されるのか

著者等紹介

桧垣立哉[ヒガキタツヤ]
1964年生まれ。1992年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。大阪大学大学院人間科学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

☆☆☆☆☆☆☆

0
檜垣氏の周りに集まった、哲学・人類学・社会学の若手研究者による研究会の成果論集。フーコーをいかに「使う」か。個人的には使えなければ哲学ではないと考えているため、本書の立ち位置には大きく共感する。2014/12/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2463343

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。