総則

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 300p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784324065303
  • NDC分類 318
  • Cコード C3032

内容説明

本書は、地方自治に関する総論的な部分、地方自治法の総則及び関連する諸問題につき、基礎的な理論や制度的解説を行ったものである。すなわち、地方自治の意義及び沿革、地方自治の法制的な位置づけと法体系など地方自治の基礎的な部分について述べるとともに、地方公共団体の事務、さらに地方公共団体の名称・区域、住民の地位等について記述している。

目次

1 地方自治の意義
2 地方自治制度の沿革
3 憲法と地方自治(憲法92条~95条)
4 地方自治の法源(自治法14条、15条、238条の6)
5 地方公共団体の種類区分(自治法1条の3~3条、5条~7条、252条の19~252条の26の7、281条~319条)
6 地方公共団体の事務(自治法1条の2、2条)
7 地方公共団体の名称、事務所の位置(自治法3条、4条)
8 地方公共団体の区域とその変更(自治法5条~7条の2、8条の2~9条の5、255条、259条、260条、281条の3~281条の5)
9 住民の地位(自治法10条~13条の2)

著者紹介

伊藤祐一郎[イトウユウイチロウ]
総務省大臣官房総括審議官