怪談5分間の恐怖<br> 怪談5分間の恐怖 うしろを歩く者

個数:

怪談5分間の恐怖
怪談5分間の恐怖 うしろを歩く者

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月06日 13時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784323081229
  • NDC分類 K147
  • Cコード C8393

出版社内容情報

1話5分で読み切れる ほんとうにあった怖い話シリーズ!全国の教育現場で怪談を語る道徳授業を展開中の怪談師による怪談短編集シリーズ
1話5分以内で読み切れる実話の怪談が次々と読者にせまりくる!

中村 まさみ[ナカムラ マサミ]
著・文・その他

内容説明

不安奇異夜話。全国各地の怪談ライブで、心に響く「実話怪談」の語りを続けている著者が贈る怪談短編集、シリーズ第十二弾!

著者等紹介

中村まさみ[ナカムラマサミ]
北海道岩見沢市生まれ。生まれてすぐに東京、沖縄へと移住後、母の体調不良により小学生の時に再び故郷・北海道に戻る。18歳の頃から数年間、ディスコでの職業DJを務め、その後20年近く車の専門誌でライターを務める。自ら体験した実話怪談を語るという分野の先駆的存在として、現在、怪談師・ファンキー中村の名前で活躍中。怪談ネットラジオ「不安奇異夜話」は異例のリスナー数を誇っていた。全国各地で怪談を語る「不安奇異夜話」、怪談を通じて命の尊厳を伝える「道徳怪談」を鋭意開催中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とろこ

62
図書館児童書コーナーから。この巻では、「怖い」というよりも、不思議な話、切ない話、ちょっと笑ってしまうような話が多かった。また、「最後に」に書かれていることが、個人的には共感できて良かった。著者は、マスコミやネットで、事件や事故があった場所が「心霊スポット」として取り上げられることに嫌悪感を抱いている。「命の尊厳に思いをいたすことも、亡くなった者への敬仰の念を持つこともなく、うわさ話をもとに遊びに行く。それは命を軽んじ、もてあそぶ行為にほかなりません」と。私も怖い話は好きだが、この文章には心から同意する。2021/02/10

グレ

60
北海道⇒東京⇒沖縄と移り住み、九州バイク旅を行うなど行動派の作者が、北海道の輓(曳)馬のvengeance=復讐やソリ怪談、沖縄のガマ=洞窟の遺骨を荒らす若者の話など彼の(実は男なんです)経験と人脈を活かした一冊。ビスケットの怪は初期の「超」怖い話ば彷彿。フィリピンの有名な幽霊“ホワイト・レディ”の話を読んで無性にカクテルが飲みたくなるも、ジンを切らしてて代わりに60度のアブサンのレモン汁割を飲んだが強い強い(笑)初めて知った«十二支御守本尊»→調べてみたら戌年の僕は畏れ多くも阿弥陀如来様が守護って下さっ2019/04/04

7a

11
不思議な話が多め。辺りが見えない場所で夜釣りをしていたら誰もいないのに「どっこいしょ、よっこらしょ。難儀だ難儀だ」という声が聞こえてきた、明かりを照らすとガザミが岩を登っていた。という話になんかほっこりした。2019/06/02

さんちる

0
[図書館]2019/10/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13504200

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。