しげちゃん

個数:

しげちゃん

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2024年04月24日 18時49分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/高さ 25cm
  • 商品コード 9784323071565
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C8793

内容説明

ねえみんなはじぶんの名前ってすき?えっわたし?わたしはね…親の愛情が心に響く絵本。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Aya Murakami

177
通院先(精神科)の待合室に置いてあった本。 室井滋さんの幼少期(たぶん実話)を描いた絵本のようですね。多少脚色はあるかもしれませんが…。どの時代にも悪い男子小学生っているものなのですね…。実は男子の側もいじめる女の子は選んでいるらしいのですが、その話が本当だとすると室井さんはかなり男子からの人気があったということかな? そして滋という男の子っぽい名前の真相には目頭が熱くなりました。室井さん、お兄ちゃんの分も人生楽しんでください。2018/08/18

のっち♬

110
男のような名前に苦悩する小学校入学時の作者。揶揄われるのは日常茶飯事、おうちごっこでも毎度別名を名乗るほどである日ついに泣き出してしまう。命名に表面的な個性や美しさばかり固執する風潮は時代と共に加速しているが、当人が心の底から名前を好きになれるかどうかはその意味に誇りを持てるかが肝心。彼女自身母親の説明に納得して親との深い絆を感じることができたし、女優になった今日も公私共に「室井滋」を名乗っている事実や本作の存在自体が名前との和解の証。長谷川のレトロな作画がハマっており、生活感と土臭さが郷愁を駆り立てる。2023/10/17

chimako

92
これは大好きな絵本だけれど今日は贅沢に室井滋さんご本人の朗読で味わいました。子どものしげちゃんが名前で悩む。「しげる」という男の子みたいな名前のおかげで。お母さんに名前を変えたいと頼んだけれどキッパリ「かえることば出来ない」と言われてしまう。可愛い名前がいい。その気持ち、良くわかる。だけど名前の由来を聞いて「しげる」を大切にしようと思うしげちゃんでした。実際、室井さんは「お前泉谷しげると結婚したら泉谷滋になるんだぞ」とクラスの男子にからかわれたこともあるそうです。いつの時代も男子はこんなもん(笑)2021/02/20

ゆみきーにゃ

86
読み終わった後、娘に名前の由来を教えたけど伝わったかな?あたしは自分の名前大好きです。2021/06/27

ネギっ子gen

83
女優・エッセイストの室井滋が名前にまつわるユーモラスなエピソードを綴り、長谷川義史が人情味豊かにおおらかな絵を描く。「あとがき」で、<大人になった私は、女優という仕事をしています。女優は「芸名」という別の名をつけてもいいんです。けれどなぜか、名前は『しげる』のまんま/結局、両親にもらった名前が一番好きになっていたんですね>と。因みにわたしも、お顔をテレビで拝見するまで、男性と勘違いしておりました。m(__)m 「キラキラネーム」の暴走が日本を席巻しつつある昨今、親子で名前について語り合うのに適した絵本。⇒2021/05/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3310298
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。