完全版 はだしのゲン〈1〉

個数:

完全版 はだしのゲン〈1〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月24日 18時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 403p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784323064314
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0379

内容説明

雑誌連載時の扉ページやアオリ文を掲載した完全版。

著者等紹介

中沢啓治[ナカザワケイジ]
1939年、広島県に生まれる。45年、国民学校1年生のときに被爆し、日本画家の父、姉、弟を失う。その後上京し、63年に漫画家としてデビュー。66年に母親を原爆症で亡くしたのをきっかけに、戦争やみずからの原爆体験を題材にした作品を手がけ始める。68年に原爆を題材としたはじめてのマンガ「黒い雨にうたれて」を発表。73年より「週刊少年ジャンプ」に「はだしのゲン」の連載を開始。2002年、谷本清平和賞受賞。2012年、肺がんのため死去。享年73(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ツキノ

12
2013年に松江市教育委員会が小中学校の図書館で閲覧制限をしたのをきっかけに、別のバージョンの本を全巻読んだ。それ以前にも途中まで読んだ記憶あり。小学3年生の時に小学校で映画を観て、衝撃を受けた。この本は2019年11月発行の価値ある完全版。大きく読みやすい。簡単な用語解説がコマの外にあり、すぐ読めるのもいい(巻末には詳しく描かれた用語集も)。連載時に掲載されたはみだしの「いじわるするのはやめろ!!」「がまんだ、元!!」などもいい。読み継がれていってほしい作品。2020/02/26

ひろさん

5
学校の図書室から消えたと聞いたことがあり、でも読んだ事も無いので一度は読んでおこうとチャレンジ。 ゲンが戦時中にひもじい思いをしていた話から原爆の投下によって家族を喪う所までが描かれた一巻でした。戦争の悲惨さと、当時の差別意識、暴力シーンなどが余りにも赤裸々に描かれていて二巻を読む気を失いました。私には無理でした。2020/11/01

n

2
最近各地で戦争が起きているので、読み始めました。実は読むのがずっと怖かったのですが。日本人として生まれ、この上ない教えとなる本があるのだから、読まなければと思ったのです。ハードな描写が続きますが、ゲンの元気さに救われます。なんとか最終巻まで読みたいです。2024/01/20

そーすけ

2
2020/09/12

ねこすけ

1
名前だけ知ってる。という状態だったため読んでみました。暴力や同調圧力、差別が濃くて馴染めない感じはありますが、そういう時代として受け入れました。この時代に生きていたら同調圧力に馴染めず病んでしまう側だったろうなと思いました。2023/05/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14893081
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。