ノンフィクション知られざる世界<br> 光をくれた犬たち 盲導犬の一生

個数:
  • ポイントキャンペーン

ノンフィクション知られざる世界
光をくれた犬たち 盲導犬の一生

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月29日 02時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 168p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784323060941
  • NDC分類 K369
  • Cコード C8395

内容説明

盲導犬候補の子犬を育てるパピーウォーカー、盲導犬にする訓練士、盲導犬ユーザー、そして引退犬を引き取り最期を看取るボランティア…一頭の犬にかかわる多くの人たちと盲導犬との絆の物語。

目次

プロローグ パピーウォーカーになる
1 子犬が我が家にやってきた!
2 盲導犬への第一歩
3 盲導犬を目指して
4 盲導犬と歩く
5 盲導犬・命のバトンのアンカー
エピローグ 新たな世代へ

著者等紹介

今西乃子[イマニシノリコ]
大阪府岸和田市生まれ。航空会社広報担当などを経て、児童書のノンフィクションを手がけるようになる。執筆のかたわら、愛犬を同伴して行う「命の授業」をテーマに小学校などで、出前授業を行っている。日本児童文学者協会会員

浜田一男[ハマダカズオ]
1958年、千葉県生まれ。東京写真専門学校(現東京ビジュアルアーツ)卒業。1984年にフリーとなり、1990年写真事務所を設立。第21回日本広告写真家協会(APA)展入選。企業広告・PR及び雑誌・書籍の撮影を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おはなし会 芽ぶっく 

6
30年度ブックトーク授業6年生 読書感想文に向けて。 『しらべよう!りかいしよう!点字の世界1』と『リンゴのすきなアーサー』とセットで紹介。盲導犬になる犬はパピーウォーカーの元で温かく育ち、その後訓練を受け盲導犬になっていく(ホンの一部だけど)。引退しても老犬ホームやリタイヤ犬を引き受けてくれる家庭で幸せに過ごす、その一生をおった本。2018/07/20

せしる

0
盲導犬は仕事中には構ってはいけないと思いこんでいた。犬ではなくユーザーには話しかけてよいとわかり、目からうろこ。困っている様子ならばおてつだいを申し出てよいとわかった。そのことを知れただけでも読んで良かった。 2017/11/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12303475

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。