いもとようこの日本むかしばなし<br> ゆきおんな

個数:
電子版価格
¥1,650
  • 電書あり

いもとようこの日本むかしばなし
ゆきおんな

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月13日 12時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4判/ページ数 32p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784323037455
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

吹雪の夜ゆきおんなに出会い父を失ったみのきちは、旅をする娘と幸せになります。その女の正体は…。名作を美しいはり絵で描きます。

内容説明

雪は白くて美しい。だが時にはおそろしい。そしてあとかたもなく消えていく…。そんなことからこのようなお話が生まれたのかもしれません。人間のみのきちに恋をした雪女の悲しみ…。胸がいたくなります。

著者等紹介

いもとようこ[イモトヨウコ]
兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学油画科卒業。『ねこのえほん』『そばのはなさいたひ』でボローニャ国際児童図書展エルバ賞を2年連続受賞。『いもとようこ うたの絵本1』で同グラフィック賞受賞。2015年パリとボローニャで絵本原画展を開催(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒラP@ehon.gohon

21
いもとようこさんが描くと、「ゆきおんな」はこうなるんだなぁと思いました。 いもとさんの絵本は、常に愛らしくて可愛いのです。 でも、この絵本に限っては、懸命に怖さと冷たさを表現しようとしたのか、みのきちと最初に出会った雪の日のシーンは、特別の思いで描いたのではないかと思うほど、独特な鋭さと透明感があります。 嫁になって家庭的に描かれた生活との落差に、新しいいもとさんを感じました。2023/03/30

ヒラP@ehon.gohon

11
C事業所で読み聞かせしました。2023/03/14

雨巫女。@新潮部

11
《本屋》みのきちが、思い出さなければ、仲良く暮らせたのかなあ。繊細なはり絵が、よかった。2022/12/13

遠い日

5
雪女の悲恋。せっかくみのきちと結ばれたのに、約束が最優先だった。他言しないというのは、本人であってもダメなことなのか?ことばというものの恐ろしさ、約束というものの呪縛、どちらも厳しいものだと感じる。2023/02/09

yuzu

0
6.52024/01/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20391001
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。