十二支のはじまり

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 29cm
  • 商品コード 9784323037332
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

内容説明

十二支は、ねずみ、うし、とら、うさぎ、たつ、へび、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、いのししと12しゅるいのどうぶつがきめられています。では、どうしてきまったのでしょうか?ねずみがはいっているのに、ねこははいっていないのは、なぜ?そして、ねこがねずみをおっかけるのはなぜ?このお話をよめば、わかります!

著者等紹介

いもとようこ[イモトヨウコ]
兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学油画科卒業。『ねこのえほん』『そばのはなさいたひ』でボローニャ国際児童図書展エルバ賞を2年連続受賞。『いもとようこうたの絵本1』で同グラフィック賞受賞。2015年3月にイタリア・ボローニャで、4月にフランス・パリで絵本原画展を開催(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

14番目の月

38
いもとようこさんの絵はとても可愛いです。十二支の話ってネズミと猫の確執と、ネズミが牛に乗ってずるをしたということで、他の動物たちがどうして選ばれたかということは書かれていなくて物足りないです。2021/06/22

anne@灯れ松明の火

26
新着棚で。お話はよく聞くものだが、いもとさんの絵がかわいらしくて、楽しい。12匹+ねこの他にも、たくさん参戦していたんだなあ。しか、くま、きつね、たぬき、りす、かえる。たぬき年とか、かえる年ってのもありえたのかと思うと、クスッとしてしまう♪2016/04/04

にゃんた

21
年のはじめはやっぱりこういう絵本読まないと。 孫はまだ干支がなんだかよくわかってないけども、お話は興味深くみてました。いもとさんの絵は可愛らしくていい!今年はねずみ年だけど、ねずみ案外悪賢い...。2020/01/05

わむう

16
一年のはじまりの読み聞かせに。2017/01/11

遠い日

16
いろいろな十二支の由来の絵本を読んでいるが、それぞれの味わいがあって飽きない。辰と巳の順番のくだりが詳しいのが好みだが、端折られていてもかまわない。いもとさんの絵がかわいらしいので、ネコには悪いがネズミの意地悪もなんだかわたしは許せてしまう。2016/02/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10134646

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。