猫吉一家物語 秋冬

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 31p/高さ 30cm
  • 商品コード 9784323035420
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

お金はなくとも心の錦。家族の絆が何より大事。-しみじみほのぼの絵本!-猫吉一家は恋女房のお茶目とひとつぶだねの昆布助の三人家族。きれを売りに出かけると、いろんなお客さんがやってきます。心やさしい猫吉一家が繰り広げる人情味あふれる物語。季節感たっぷりに秋冬二編収録!   幼児~

内容説明

よってらっしゃいみてらっしゃい人情味あふれる猫吉一家の物語、本日、豪華二本立て―時代劇風コマ割り絵本。

著者等紹介

大島妙子[オオシマタエコ]
東京都生まれ。出版社を退社後、絵本を描きはじめる。家族と愛犬ピッピとともに東京に暮らす
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ソルティ

204
コロナ対策入館制限で母チョイス。今度は秋冬バージョン。いいなぁ猫吉一家は友達や知り合いが多いし、困ってる人を放っておけないし、昆布助はお化けや神様的なのと友達なっちゃうし。あたたかい一家の話です。2020/03/14

つくよみ

49
図書館本:布売りの屋台を押して歩く、猫吉一家の日常を描いた作品。布を売った御代はお客さんによって様々。リスからは木の実、クマからは鮭・・・昆布助も、お父さん譲りの切符のよさと親切心で、お地蔵さんや、遊んでくれた謎の存在?への敬意や、おすそ分けを忘れない。その親切を受けた、ちょっと不思議な隣人達のお返しもまた、不思議が一杯。落ち葉で景色が黄金にそまる秋、雪で風景が白銀にかがやく冬。の、二編を収録。2013/11/10

エッちゃん

38
図書館本。 絵が楽しそうで借りました。コマ割りで漫画を見ている感じです。猫吉一家が屋台を押してのきれを売り歩くお話です。猫吉も気前がいいし、昆布助も思いやりがあって優しいですね。絵も楽しめますよ。猫吉音頭も面白いです~♪2016/04/05

ままこ

25
優しい昆布助、素敵な恩返しがあったね。風景の細かいところも描いてあるのでじっくり見て楽しめます。2017/02/22

HoneyBEE

19
いらっしゃい いらっしゃい 猫吉親子三人のぬの売りだよ。りすにくま、お客さまは皆歓迎、時には商売にならずとも。息子が見つけた河童のかたちのお地蔵さま、おむすびどうぞ、寒いのこれで防いでね。布のお代を払いましょう、皆から届くは木の実に魚。河童の地蔵も息子くんに会いに来て、素敵な秋となりました。冬も深く雪に舞う、雪玉遊びで冷えた体に甘酒をどうぞ。仰いで仰いで息子くん、出会うは天狗の友達。それでは皆様また来年。2014/02/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/486343

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。