こどものくに傑作絵本<br> おおきなおおきなねこ

個数:

こどものくに傑作絵本
おおきなおおきなねこ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年04月06日 09時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 21X28cm
  • 商品コード 9784323032153
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

内容説明

この本はノルウェーを旅行中にガイドさんから聞いた話が元になっています。本来は、山から押しかけるトロルの群れと農民と白熊を、旅人が王様に献上に行く話でしたが、舞台を日本にして作りかえてみました。河童が空を飛ぶなんて変だとお思いかもしれませんが、これは私の発明ではありません。民俗学者柳田国男先生の『妖怪談義』には、南九州では「川童は秋の末から冬のかゝりの、雨などの降る暗い晩にヒョンヒョンと細い鼻声見たやうな声で鳴いて浜の方から山手へ、空中を群をなして飛んで行くものださうな」それを読んで、鳴きながら飛んで行く河童の群れを一度は描いてみたいと思っていたのです(作者)。

著者等紹介

せなけいこ[セナケイコ]
東京生まれ。武井武雄氏に師事。『いやだいやだの絵本』(福音館書店)で産経児童出版文化賞受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ファン待望!独特な味わいのはり絵で、子どもたちにもお母さんにも大人気!今夜は十五夜。おばあさんがごちそうを用意していると、熊が来て寝てしまいました。そうとは知らないカッパたち。おばあさんの家にやって来て、飲んだり食べたり大騒ぎ。寝ている熊を大きな猫と間違えて…。2004年8月中旬刊行予定!予約注文受付中!!※価格は予価です。   幼児~