たんぽぽのおかあさん

個数:

たんぽぽのおかあさん

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2022年07月07日 13時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/高さ 24X25cm
  • 商品コード 9784323024622
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

こんのひとみ・いもとようこ 人気コンビの魅力満載! 美しく、かわいらしく、あたたかい絵本です。1本のたんぽぽの根元で、目をあけたちいさなこねこ。はじめて見るたんぽぽが、こねこのおかあさんになりました。たんぽぽのおかあさんに守られて、すくすく大きくなったある日、おかあさんの黄色い花が真っ黒な綿毛にかわり、飛んでいってしまいます。こねこが追いかけると、広いたんぽぽ畑に出ました。
おかあさんがいっぱい!? でも、どのたんぽぽに尋ねても、おかあさんではありません。とうとう泣きだしたこねこを抱き上げてくれたのは……。

いもと ようこ[イモト ヨウコ]
兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学油画科卒業。『ねこのえほん』『そばのはなさいたひ』でボローニャ国際児童図書展エルバ賞を2年連続受賞。 『いもとようこうたの絵本1』で同グラフィック賞受賞。<おもな作品>●赤ちゃん絵本● 『おかあさんといっしょ! おとうさんといっしょ!』『かずのえほん』『うんち』『いろ』 ●創作絵本● 『てんこうせいは つばめくん』『プレゼントの木』『だれのおよめさんに…?』『かぜのでんわ』『つぎはわたしのばん』『たったひとりのともだち』『きょうのえほん』『かあさんのこもりうた』 ●知育絵本● 『ABCのえほん』『あいうえおのえほん』 ●名作・昔話● 『スーフと白い馬』「大人になっても忘れたくない いもとようこ名作絵本」 シリーズ・「大人になっても忘れたくない いもとようこ世界の名作絵本」シリーズ・「いもとようこの日本むかしばなし」シリーズ(以上金の星社)『てぶくろ』(講談社)『チューせんせいは おいしゃさん』(ひかりのくに)『おめでとう!』(佼成出版社)他多数。<いもとようこホームページ> http://www.imoto-yoko.co.jp/

こんの ひとみ[コンノ ヒトミ]
体の弱い息子のために自作の子守歌を作って歌っていたのをきっかけにシンガーソングライターに。「ムーニーマン」「まるこめみそ」のCMソングやナレーションを手がける。学校や福祉施設への出前ライブに積極的に取り組んでいる。代表曲にNHKみんなのうたの「パパとあなたの影ぼうし」「夢をかなえよう」。著作に『くまのこうちょうせんせい』『いつもいっしょに』『こぐまとめがね』ほか多数。

内容説明

はじめてめをあけたこねこがみたのは、いっぽんのたんぽぽ。こねこはたんぽぽのおかあさんにみまもられて、すくすくそだっていきます。あるひ、たんぽぽのおかあさんのきいろいはなが、まっしろいわたげにかわり、おかあさんはふわりふわりとんでいってしまいます。心がほっこりする、こねことたんぽぽの物語。人気コンビ魅力満載の最新刊!

著者等紹介

こんのひとみ[コンノヒトミ]
絵本作家・エッセイスト・シンガーソングライター・ラジオパーソナリティー。息子のために作った子守歌が注目を集め、「パパとあなたの影ぼうし」が、太田裕美の歌唱でNHK「みんなのうた」で放送されると大反響をよび、ソニーミュージックよりメジャーデビューアルバム「ちいさな声~パパとあなたの影ぼうし~」をリリース。学校や福祉施設への出前ライブに積極的に取りくむ

いもとようこ[イモトヨウコ]
兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学油画科卒業。『ねこのえほん』『そばのはなさいたひ』でボローニャ国際児童図書展エルバ賞を2年連続受賞。『いもとようこうたの絵本1』で同グラフィック賞受賞。2015年、パリとボローニャで絵本原画展を開催(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はる

54
素敵なおはなし。たんぽぽを自分の母親だと信じて、いつも甘えて離れない子猫。たんぽぽのおかあさんに守られてすくすくと大きくなっていきます。しかしある日、たんぽぽの花は白い綿毛になって空に飛んでいってしまい……。悲しい物語かと思いきや、意外な出来事が。ほっ。心温まるラストがいいな。2022/03/24

ぶんこ

45
いもとさんの絵が可愛くて癒されました。こねことたんぽぽの優しい物語。大人が読むと色々と疑問に思うけれど、絵本の世界ではありかな。おかあさんになったタンポポ、綿毛になって飛んでいく時には残していくこねこちゃんが心配だったでしょう。それで優しい女の子がいるタンポポ畑に行ったのでしょう。こねこちゃん良かったね。2022/04/02

ヒラP@ehon.gohon

24
生まれて間もないこねこが目を開けてみたら、ひとりぼっちでした。 動物は最初に見たものを母親と思うそうですが、たんぽぽに母性を感じるなんてすごいですね。 家族ができるまでの不思議な体験に、うたれました。 たんぽぽでも、自分が安らげるものがあったらばこそですね。2022/06/22

りーぶる

23
たんぽぽさん、頑張りすぎ。重いし、大変だっただろうと思う。最終的にちゃんとお母さんになってくれる人を見つけられて良かった。たんぽぽのお母さん、最後は綿毛になったという事は・・・?ちょっと意味が分からなかったらしく娘の反応は薄めでした。(2歳9ヶ月)2019/04/09

おはなし会 芽ぶっく 

12
小学校4年生の『ブックトークをしてみよう』の単元で、ブックトーク授業に入りました。テーマを10に絞ったことにより、1つはポイントがつかめるようにしました。来週タイミングが合えば、4年生のブックトークを聞きに行きたいと思います。【テーマ 家族】 11/13 4年生女子ブックトーク 『おじいちゃんがおばけになったわけ』 https://bookmeter.com/books/27958 →『たんぽぽのおかあさん』 2020/11/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11703920

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。