くまのこうちょうせんせい

個数:

くまのこうちょうせんせい

  • ウェブストアに60冊在庫がございます。(2022年07月07日 13時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 24X25cm
  • 商品コード 9784323013640
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

NHKスペシャル、AERA、朝日新聞が特集!「命の授業」を続けた校長先生を絵本化!熱い感動があなたの心にあふれます!シンガーソングライター・こんのひとみ&人気絵本作家・いもとようこの顔合わせで贈ります!末期ガンと宣告されながら弱り行く自分の姿を子どもたちにありのままに見せ、命の尊さ、生きる意味を教え続けた神奈川県茅ヶ崎市の浜之郷小学校の校長・大瀬敏昭さん。「命の授業」と呼ばれた授業の様子や、学校を変えて行く姿は多くのマスコミで紹介されました。しかし残念ながら2004年1月3日、大瀬先生はついにその命の火を消しました。「多くの子どもたちに『命の授業』を受けてほしい・・・。」浜之郷小学校で出前コンサートを開いて以来、大瀬先生と交流のあったシンガーソングライター・こんのひとみと、絵本作家・いもとようこが大瀬先生の思いを1冊の絵本にしました。病院から学校に通い続けるくま校長先生を励ましたい!羊君は元気な「おはよう!」を言えるでしょうか?いのちの輝きが見えてくる実話から生まれた物語です。(こんのひとみ)※重版出来ました!!    

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はる

64
作者のこんのひとみさんの実体験をもとにした、心に響く絵本。いつも大きな声のくま校長先生。そんな校長先生にひつじ君は小さな声でしか挨拶出来ません。でもある日、校長先生は小さな声しか出せなくなってしまいます……。クライマックス、勇気を出すひつじ君の姿が感動的。校長先生の優しい笑顔も素敵です…。あとがきでモデルになった校長先生のことが。そうなんだ……。2022/03/29

エッちゃん

59
いもとさんの図書館本。あとがきで、実話をもとにこんのさんが書かれた本だったのですね。くまのこうちょうせんせい(大瀬先生)余命三か月と言われながらも、「子供に会うと元気になれる」と病院から学校へ・・・自分の事より子供たちに事が気にかかっていたのですね。小さな声のひつじくん。その子はその子らしくてもいいんですね。優しさが伝わってきます。2021/02/28

しゅわ

43
【図書館】子供達を大きな声で迎えてくれるくまの校長先生、一方 ひつじくんは小さな声でしか返事ができません。ある日、くまの校長先生は病気で入院し、小さな声しか出せなくなってしまいました。でも、それでわかったことがあったのです…「余命三ヶ月」と宣告され、病院から学校に通った実在の校長先生をもとにつくられた物語だそうです。私自身、もし残りの命が短いとなったら、校長先生のような生き方ができるか?考えさせられました。病気は哀しいけど、自分の不幸を嘆くだけでなく、あたたかい気持ちを周囲にふりまけるようなりたいです。2014/04/14

インボイス制度そっくりおじさん・寺

38
これまたかわいい絵本。いもとようこの絵も素晴らしい。内容は実在した校長先生の話を元にしたもの。【以下ネタバレ】毎朝校門で生徒に大声で挨拶する熊の校長先生。いつもみんなの人気者である。対していつも小声で元気の無い羊君。校長先生に大声を勧められる。そんな校長がある日病に倒れる。自分が悪いのでは?と悩んだ羊君は入院中の校長に手紙を書く。その手紙を見た校長、病院に頼んで学校に出勤させて貰う。病で大声が出なくなった校長が羊君に謝るシーンが良い。そして校長はまた倒れる…小声には小声の訳がある。優しい絵本。2015/01/30

Rie

34
読友さんの感想で気になった絵本。大きな声であいさつをするくまの校長先生。みんなも大きな声であいさつを返しますがひつじくんは大きな声であいさつができません。頑張って大きな声を出そうとしますがなかなかうまくいきません。そんな時、くまの校長先生が入院してしまいました。子どもに読み聞かせしながらウルっときてしまいました。大きな声を出せない事もある。みんなが同じ様に出来ない事、理由があるかもしれないと考えてみる、見守る事の大切さも。待っている人がいるから頑張れる強さ。出会えてよかったと思う絵本でした。2015/12/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/451234

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。