フォア文庫<br> うしろの正面だあれ

個数:

フォア文庫
うしろの正面だあれ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月16日 23時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 228p/高さ 18X12cm
  • 商品コード 9784323010779
  • NDC分類 K916
  • Cコード C8293

出版社内容情報

家族の愛、下町の人情、そして戦争…。故林家三平師匠のおかみさんがつづる自叙伝的エッセー。   

内容説明

路地にあふれる、子どもたちの声。やがてただよってくる、晩ごはんのおいしそうなにおい…。下町で生まれたかよ子は、家族の愛と、人びとの人情につつまれて、明るく育っていきました。戦争で、大切な家族や友だちを失いましたが、幼いころの思い出は、大切な宝もの―いまも心の中にかがやいています。小学校高学年・中学向。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おはなし会 芽ぶっく 

4
読書会【テーマ 戦争と平和の本】2017/03/14

pako

0
(1998/11/16)

Unicorn

0
戦前から戦後にかけての著者の体験記。読んでいて、辛いものがある。当時、韓国が日本の統治下にあったことも書かれている。幸せだった家族が、戦争によって離散。当時、小学生だった著者は、縁故疎開することに。戦争は、二度と繰り返してはならない、そう思わされる。児童書だけど、大人にも読んでほしいと思う。火垂るの墓は、親戚の人たちに冷たくされていたけど、こっちは温かさが滲んでるので、こっちの方が個人的には好き。2012/10/12

0
小学一年生の夏休みに、おじいちゃんが買ってくれた本。焼け跡を尋ねる香葉子と家族の幻影が対話するシーンは忘れられない。

もめっち

0
舞台は第二次世界大戦中の東京の下町です。 主人公は幼年時代の著者で、物語というよりは、エッセイという方が近いかもしれません。 言葉もわかりやすく、とても読みやすかったです。 東京下町の、当時の生活の様子が場面ごとに細かく、非常にいきいきとした文体で描かれていて、その暮らしぶりがよくわかりました。 だからでしょうか。東京大空襲の場面が、全体でいうとほんの数ページしか書かれてないのですが、胸にひびきました。 特に主人公の¢かよ子£が東京の焼け跡を尋ねる場面は、思わず目頭が熱くなりました。2010/03/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/271659

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。