日本の文学
吾輩は猫である 〈(下)〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 313p
  • 商品コード 9784323008035
  • NDC分類 K913

出版社内容情報

苦沙弥先生の家では、今日も美学者の迷亭、理学士の寒月、詩人の東風などがわけのわからないおしゃべりに興じている。その夜「吾輩」はみんなの飲み残したビールをこっそりなめてみた。すると酔っぱらって―。   小学校高学年~

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

けめこ

1
長かった…。途中で人が多くて把握しきれなくなった。高校の国語の教科書に、漱石の講演が載ってたんだけど、それと同じことを言ってる。巻末の解説でも、その講演がおすすめされてたくらい、ほんとにそのまんま。長かった。読み切った。2018/03/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/266119

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。