おはなしノンフィクション絵本<br> はちこう - 忠犬ハチ公の話

個数:

おはなしノンフィクション絵本
はちこう - 忠犬ハチ公の話

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 05時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 200p
  • 商品コード 9784323002132
  • NDC分類 E
  • Cコード C8737

出版社内容情報

2002年 復刻出版されました。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かおりんご

34
読み聞かせ(243)保護者による読み聞かせ。つい最近『ずぅっと、ずっと、大すきだよ』で、死について学んだせいか、こちらもすんなり理解していました。上野博士が亡くなったのを知らず、9年もの間待ち続けていたんですね。知りませんでした。けなげに待ち続けたはちが亡くなるのも、悲しかったようです。2017/01/17

aiaimo`olelo

31
今日はこれ読む!と 持ってきた息子。「これ ちょっと悲しいの」と読む前に教えてくれた。うんうん、かーちゃんが子どもだった時にハチ公物語って映画があってね、悲しくてめちゃくちゃ泣いたよ。 絵本を読んだあとは、渋谷ってどこ?秋田はどこ?銅像って何?などと話し、「ハチ公の方が僕より重い!」と驚いてました。 忠犬 の意味の話にもなり、母が冗談で「ママは 忠〇〇ママだね(笑)」と言うと 「僕は忠ママ〇〇公だ (ᐡ o̴̶̷̤ ᴥ o̴̶̷̤ ᐡ)ワンワンッ」「ワンワン♪」「ワンワンッ♡」などとやってました😂 6歳2022/01/17

Willie the Wildcat

27
次男も記憶にある渋谷の銅像。概ね、粗筋は知っていたが、9年という歳月は予想以上だった様子。培った愛情が深い分だけ待ち続けたんだなぁ、と感じる。駅で、街で、ハチに接した人達へも、その愛情が伝わる。絵は当時を偲ばせ、ハチへの皆の視線が温かい。結末が分かっていても、心に響く・・・。2013/05/26

みーなんきー

25
ヒストリアで忠犬ハチ公の話を見たので、急に読みたくなった。絵本だから詳しい話はずいぶんと省かれている。が、それでもハチ公の上野さんを想う心は、あまりにも誠実で胸に突き刺さる。これほどに心が通い合うというのは幸せだ。2015/10/14

いろ

19
1人で11月ワンワン犬絵本祭♪開催しました^^ 存在は知っているけれど,詳しくは知らないハチ公の実話絵本。7分。切ない。実話だと一段と心に迫って来るものがあるようで,9歳男児も真剣に読んでいた。少し古い絵と文章。昔の話だから,あんなに大きな犬でも,つながれずに自由に歩き回っていたんだな…とスジと離れた事を考えてしまう母(私)。ハチ公の周りに登場する子ども達のなんて親切なこと! ご主人の奥様が愛情薄く感じたが,実際は諸事情によるもので愛情の問題ではなかったらしい。絵本ゆえの省略のせいと知り,安心&残念。2017/11/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/165606
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。