金融と経済と人間と〈2〉

個数:
電子版価格
¥2,772
  • 電書あり

金融と経済と人間と〈2〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月24日 06時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 421p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784322141740
  • NDC分類 338.04
  • Cコード C2033

出版社内容情報

現役官僚時代、同僚検査官の銀行検査のありようを「サルにマシンガン」と論評し物議を醸した筆者が『週刊金融財政事情』で2016年4月から連載を続ける名物コラムを2巻45章に分けて集録。行政官として、金融のせいで人間が不幸になる不条理に遭遇した経験から、古今東西の金融経済理論・事象はもとより、映画、小説、音楽、旅の記憶にまで素材を求め、より望ましい制度や運用の処方箋を、人間の心理や行動を含めて考え模索する旅。「努力しても報われない弱者を公平に扱ってこそ豊かな社会」との優しい目線が底流に流れる、時を経て読み返しても色あせない珠玉の124+6本。

内容説明

検査官を一刀両断した「サルにマシンガン」発言から14年、ますます冴える大森節―『週刊金融財政事情』で2016年4月から連載を続ける名物コラムを2巻構成で待望の書籍化。古今東西の金融経済理論・事象、映画、小説、音楽、さらには旅の記憶にまで幅広くテーマを求め、優しい目線ながらも鋭い切り口で縦横無尽に本質を糺す。時を経て読み返しても色あせない珠玉の計286本!

目次

リブラへの視点
MMT瞥見
脱線話集
浮世の出来事
目黒謙一さんの訃報
南インドの旅
コロナが対岸の火事だった頃
コロナ時代の幕開け
レジーム・チェンジの再現
コロナ時々外出
企業組織論
部門別資金過不足の変容から
旅の再開
医療制度の持続可能性
行政経験を思い出しながら
新境地?
見え隠れする大蔵省
実力、努力、運
不発の総括
甲斐なき政策検証
正解のない問題
ちょっと長めですが

著者等紹介

大森泰人[オオモリヤスヒト]
1958年生まれ。2015年金融庁退官。以降、企業の顧問や取締役に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

トビケ

0
この変態的な知性が世の中に知られていないのは損失だとは思うが、大勢には影響ないだろうとも思う。むしろ、金融行政においてのアレコレを通じて、国民の知らぬところで恩恵があったのかもしれないが、そんな過去のことはさておき、一部の人にはこの本を激烈におすすめしたい。このウィットに富んだ本は、世の中を袈裟斬りにしたかと思えば丸め、漂流したかと思えば辿り着き、と、重力を感じさせないアクロバティックな…まぁ、マニアックな本です。2023/12/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20421702
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。