KINZAIバリュー叢書<br> 金融リスク管理の現場

個数:
  • ポイントキャンペーン

KINZAIバリュー叢書
金融リスク管理の現場

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月14日 22時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 220p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784322119480
  • NDC分類 338.1
  • Cコード C2033

内容説明

金融リスク管理の全体像を専門知識なしでコンパクトに解説。この20年を俯瞰して、リスク管理がどう発展し、どう形式化していったかを示す。金融危機の前後から急拡大してきた新たなリスクの把握方法についての最近の発展や、バーゼルIII等の規制改革の動向を解説。リスク管理が陥りがちな罠を明らかにして、ストレステストやBCPで本当になすべきことは何かを実務的に説明。最後に、国家規制と私企業経営の関係を徹底検証し、金融規制とリスク管理の将来を論ずる。

目次

第1章 金融リスク管理の基礎―これまでのプラクティスのなかで引き続き有効なリスク管理とは(統合リスク管理の全体像;ケーススタディ;金融機関での実践;リスク管理の総合的運用)
第2章 金融規制とリスク管理実務の変遷―この20年間の発展と綻びが見え隠れしたリスク管理とは(日本の金融システムの基本構造;経営とリスク管理;リスク管理実務と銀行規制の綻び(その1 BIS規制関連)
リスク管理実務と銀行規制の綻び(その2 時価評価、検査、その他)

第3章 新たなリスクへの対応と金融規制の動向―金融危機を経て要請される規制とリスク管理とは(金融危機を誘発する新たなリスク―マクロリスク管理;金融規制の見直しに関する国際的動向)
第4章 リスク管理体制の点検と再構築(直ちに着手が必要な事項)―震災をふまえて見直しが必要なリスク管理とは(リスク管理の罠の再認識―天災と人災;ALM体制の再構築;オペリスク管理体制の高度化の展開)
第5章 金融の将来に向けて(今後のリスク管理の3つの視点;金融規制見直しに内包する問題点とリスク管理;金融規制見直しに内包する問題点とリスク管理;将来に向けての一考察)

著者紹介

西口健二[ニシグチケンジ]
1981年京都大学理学部卒。1983年京都大学理学部数学教室修士課程修了。1984年大阪大学理学部数学教室助手。1987年理学博士。1987~88年西独マックス・プランク研究所客員研究員。1989年三井銀行(現三井住友銀行)入行。1991~92年米NYデリバティブ子会社。2001年統合リスク管理部副部長。2005年オペレーショナルリスク管理室長。2009年日本総合研究所理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)