第三セクターの再生―東京臨海三セクの民事再生手続

第三セクターの再生―東京臨海三セクの民事再生手続

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 210p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784322117332
  • NDC分類 335.7
  • Cコード C2032

目次

第1部 第三セクターの意義と歴史(臨海三セク3社の設立から民事再生手続開始申立てまで)
第2部 臨海三セク3社再生の実務と論点(法的手続の選択;民事再生手続の概要;申立て・開始決定時点の問題点;少額債権、再生債権認否における問題点;財産評定における問題点;再生計画案作成の基本方針と内容;別徐権協定の合意形成とその内容;三セク物件の鑑定評価における手法と問題点;再生手続の終結)
第3部 監督委員からみた臨海三セク再生(敷金返還請求権の認否についての一考察―監督委員の雑感;監督委員サイドの公認会計士の調査)
資料編

著者紹介

浜中善彦[ハマナカヨシヒコ]
1940年(昭和15年)4月13日生。1959年(昭和34年)広島大学付属福山高等学校卒業。1964年(昭和39年)東京大学法学部卒業。1964年(昭和39年)株式会社富士銀行入行。1994年(平成6年)株式会社富士銀行定年退職。株式会社富士総合研究所に転籍。1994年(平成6年)司法試験合格。1997年(平成9年)最高裁判所司法研修所終了。1997年(平成9年)弁護士登録(第二東京弁護士会)。日本弁護士連合会「債権回収会社に関する委員会委員長」(2005年6月~平成2007年5月)、駒澤大学法学部非常勤講師(2002年4月~2005年6月)、東京地方裁判所民事調停委員(2003年~2010年3月)、駒澤大学法科大学院非常勤講師(2005年9月~)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)