図解で学ぶSEのための銀行三大業務入門

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 438p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784322117318
  • NDC分類 338.5
  • Cコード C2033

こちらの商品には新版があります。

内容説明

預金・貸付・為替の三大業務を網羅的かつシステム的に詳説。各業務の財務会計処理もIFRSを含めて徹底解説。SEをはじめ、銀行業務を体系的に学ぶ方に最適。

目次

第1章 預金業務(預金業務とは;流動性預金・普通預金 ほか)
第2章 貸付業務(貸付業務とは;法人向け貸付・手形貸付 ほか)
第3章 内国為替業務(内国為替業務とは;資金決済制度 ほか)
第4章 外国為替業務(外国為替業務とは;相場・金利 ほか)
第5章 銀行業務の会計(会計処理の概要;基本的なルール、考え方 ほか)

著者等紹介

室勝[ムロマサル]
金融ビジネスユニットシニア・システム・エンジニア。1990年シーエーシー入社。勘定系システム経験18年(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

6
体外的な場所で少し話さなければならない事情が出てきて、手にとって見た本の1冊です。最近の銀行のシシテムというのは様々な商品が増えたり法律的な規制もあり面倒になってきているのですね。ましてこのマニュアルのような本まで出版されているとは思いませんでした。銀行の業務というのはシステムに支えられているということを改めて感じたしだいです。あと数冊読んでみましょう。2014/06/10

nkmrksk

1
図解で学ぶと銘打ってるのに図がすくない・・・どういうことなの・・・内容は丁寧なんだけどねぇ2011/12/12

じゅん

1
貯金・貸付・為替の基本的な業務について説明されている入門書。業務面、システム面の両方からのアプローチで記述されており参考になる。その他、会計などの記述も詳細に書かれているが、内容を理解するのが困難。自分としては、前提知識が足りていないと感じた。2011/05/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2054394

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。