圏論

個数:

圏論

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 347p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784320111158
  • NDC分類 411.6
  • Cコード C3041

目次

第1章 圏
第2章 抽象構造
第3章 双対性
第4章 群と圏
第5章 極限と余極限
第6章 冪
第7章 自然性
第8章 図式の圏
第9章 随伴
第10章 モナドと代数

著者等紹介

前原和寿[マエハラカズヒサ]
1946年長野県出身。1972年東京大学理学部数学科卒業。1974年同修士課程修了。1983年理学博士。元、東京工芸大学准教授。専門は代数幾何学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

圏論が多分野に普及して30年を経た現在,誰もが読める圏論の本が必要だ――本書はこのモチベーションで執筆された。予備知識がほとんどない読者のために,例として半順序集合と半群がゼロから説明され,最後までそれらを用いて話が展開されている。これらのほかにも例が豊富に取り上げられている。なお,予備知識がほとんど必要ないとはいえ,数学的な厳密性は損なわれていない。すべての重要な命題と定理には完全な証明が付されている。本書は情報科学や論理学など,さまざまな分野へ役立てられるであろう。

第1章 圏
1.1 序論
1.2 集合の写像
1.3 圏の定義
1.4 圏の例
1.5 同型
1.6 圏の構成
1.7 自由圏
1.8 基本:ラージ,スモール,局所スモール
1.9 練習問題

第2章 抽象構造
2.1 エピとモノ
2.2 始対象と終対象
2.3 一般化された要素
2.4 積
2.5 積の例
2.6 積をもつ圏
2.7 射集合
2.8 練習問題

第3章 双対性
3.1 双対性原理
3.2 余積
3.3 等化子
3.4 余等化子
3.5 練習問題

第4章 群と圏
4.1 圏における群
4.2 群の圏
4.3 圏としての群
4.4 有限表現圏
4.5 練習問題

第5章 極限と余極限
5.1 部分対象
5.2 引き戻し
5.3 引き戻しの性質
5.4 極限
5.5 極限の保存
5.6 余極限
5.7 練習問題

第6章 冪
6.1 圏における冪
6.2 デカルト閉圏
6.3 ハイティング代数
6.4 命題計算
6.5 デカルト閉圏の等式的定義
6.6 λ算法
6.7 変数集合
6.8 練習問題

第7章 自然性
7.1 圏のなす圏
7.2 表現可能構造
7.3 ストーン双対
7.4 自然性
7.5 自然変換の例
7.6 圏の冪
7.7 関手圏
7.8 モノイダル圏
7.9 圏の同値
7.10 同値の例
7.11 練習問題

第8章 図式の圏
8.1 集合値関手の圏
8.2 米田の埋め込み
8.3 米田の補題
8.4 米田の補題の応用
8.5 図式の圏の極限
8.6 図式の圏における余極限
8.7 図式の圏の冪
8.8 トポス
8.9 練習問題

第9章 随伴
9.1 準備的定義
9.2 射集合の定義
9.3 随伴の例
9.4 順序随伴
9.5 随伴としての量化子
9.6 右随伴は極限を保存する(RAPL)
9.7 局所デカルト閉圏
9.8 随伴関手の定理
9.9 練習問題

第10章 モナドと代数
10.1 三角恒等式
10.2 モナドと随伴
10.3 モナドに対する代数
10.4 コモナドと余代数
10.5 自己関手に対する代数
10.6 練習問題

練習問題の解答

参考文献

索引