ナノテクノロジー入門シリーズ<br> ナノテクのためのバイオ入門

個数:

ナノテクノロジー入門シリーズ
ナノテクのためのバイオ入門

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月20日 07時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 206p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784320071704
  • NDC分類 460
  • Cコード C3350

目次

細胞(細胞の構造と機能:細胞内;細胞の構造と機能:細胞外)
生体材料1(タンパク質とバイオチップ;タンパク質超分子を用いたナノ構造作製 ほか)
生体材料2(DNAの構造と機能;DNAチップ、遺伝子診断技術 ほか)
計測・解析技術(神経細胞ネットワーク;原子間力顕微鏡による生体材料計測 ほか)

著者等紹介

荻野俊郎[オギノトシオ]
1979年東京大学大学院電子工学専攻博士課程修了、NTT物性科学基礎研究所を経て、2002年より現職。横浜国立大学大学院工学研究院教授、工学博士。専攻は電子工学、ナノテクノロジー

宇理須恒雄[ウリスツネオ]
1973年東京大学理学系大学院化学科博士課程修了、日本電信電話公社電気通信研究所、日本電信電話(株)LSI研究所を経て、1992年より現職。自然科学研究機構分子科学研究所教授、総合研究大学院大学教授(併任)、理学博士。専攻は生体分子情報(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

●内容
ナノテクノロジーは,広い領域にまたがる学際的な技術であるため,どこでも通用する定本はない。啓蒙書はすでに多数出版されているが,これから進路をきめる学生や,領域間の理解のために役立つ本は少ない。本シリーズは,学生・院生はもとより,ナノテク関連の研究者・技術者がそれまでの専門とは異なる分野のナノテクを学びはじめる際に役立つことをねらいとしたもので,多岐にわたるナノテクの基礎知識を個人レベルで異分野融合して習得できる,斬新でユニークなシリーズである。
本巻では,バイオを専門としない学生・研究者・技術者のために,必要とされるナノテクの基礎知識を簡潔にわかりやすく提供する。

●目次
オーバービュー・・・・・荻野俊郎・宇理須恒雄

■細胞

Chapter. 1 細胞の構造と機能:細胞内・・・・・小澤岳昌

Chapter. 2 細胞の構造と機能:細胞外・・・・・岩田博夫

■生体材料 I

Chapter. 3 タンパク質とバイオチップ・・・・・手老龍吾・宇理須恒雄

Chapter. 4 タンパク質超分子を用いたナノ構造作製・・・・・杉本健二・山下一郎

Chapter. 5 モータータンパク質とその利用・・・・・野地博行

■生体材料 II

Chapter. 6 DNAの構造と機能・・・・・水野 彰・桂 進司・小松 旬

Chapter. 7 DNAチップ,遺伝子診断技術・・・・・内田勝美・長崎幸夫

Chapter. 8 人工生体膜・・・・・古川一暁・森垣憲一・山崎昌一

■計測・解析技術

Chapter. 9 神経細胞ネットワーク・・・・・鳥光慶一・住友弘二

Chapter.10 原子間力顕微鏡による生体材料計測・・・・・猪飼 篤

Chapter.11 タンパク質の力学特性:計算機シミュレーションによる理解・・・・・塚田 捷・田上勝規・高 [チ]