• ポイントキャンペーン

融合発展する構造生物学とケミカルバイオロジーの最前線

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 p142/高さ 28cm
  • 商品コード 9784320057050
  • NDC分類 464.1

目次

1 序論(創薬をめざした構造生物学とケミカルバイオロジーの融合研究)
2 ターゲットタンパク研究プログラムの紹介(生産部門;解析部門;制御部門 ほか)
3 構造生物学とケミカルバイオロジーの融合(質の高い化合物ライブラリーの構築;ケミカルバイオロジーを支えるスクリーニング系;in silico創薬を支える基盤技術 ほか)
4 ターゲットタンパク研究プログラムの成果(細胞接着装置構成蛋白質の構造生物学的研究―Lglファミリー分子トモシンによる小胞融合の制御機構;創薬につながるV‐ATPaseの構造・機能の解明―バクテリアV‐ATPaseの構造情報を基にした創薬への挑戦;ピロリジルtRNA合成における翻訳の直交性の分子構造基盤 ほか)

著者紹介

長野哲雄[ナガノテツオ]
東京大学大学院薬学系研究科

若槻壮市[ワカツキソウイチ]
高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所

高木淳一[タカギジュンイチ]
大阪大学蛋白質研究所

古谷利夫[フルヤトシオ]
株式会社ファルマデザイン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)