生命操作はどこまで許されるか―人間の受精と発生学に関するワーノック・レポート

電子版価格 ¥1,068
  • 電書あり

生命操作はどこまで許されるか―人間の受精と発生学に関するワーノック・レポート

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 216,/高さ 19X13cm
  • 商品コード 9784319002146
  • NDC分類 495.48
  • Cコード C0036

内容説明

代理母・体外受精・クローニング…。人間は「生命の誕生」を操作できるのか?不妊治療が社会に及ぼす影響と、その道徳的・倫理的問題を検討した、ワーノック諮問委員会レポート。待望の完訳。

目次

基本方針
不妊症…その現状と治療実施組織
不妊治療の技術(共通の問題点;人工授精;体外受精;卵子供与法;胚供与法;代理母)
不妊治療技術の応用
人間の精液・卵子・胚の凍結と保存
科学研究における諸問題
研究とその展望
不妊治療サービスと研究の規制