実存主義者のカフェにて 自由と存在とアプリコットカクテルを

個数:
電子版価格
¥3,740
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

実存主義者のカフェにて 自由と存在とアプリコットカクテルを

  • ウェブストア専用在庫が7冊ございます。(2024年04月14日 20時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 592p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784314012041
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C0010

出版社内容情報

【試し読み】はこちら(PDF 1,902KB)




「本は人生をすっかり変えてしまう。この事実を、ほかのどんな現代哲学よりも
はっきりと証明してみせたのが、1950年代から60年代にかけて世界じゅうに広まっ
た実存主義だった」

1933年、パリ・モンパルナスのカフェで3人の若者、 ジャン=ポール・サルトル、シ
モーヌ・ド・ボーヴォワール、レイモン・アロンが、 あんずのカクテルを前に、現
象学について熱く語り合っていた。 ここから生まれた新しい思想「実存主義」は、
やがて世界中に広がり、第二次大戦後の学生運動、公民権運動へとつながっていく―


ハイデッガー、フッサール、ヤスパース、アーレント、メルロ=ポンティ、レヴィナ
ス、カミュ、ジュネ……哲学と伝記を織り交ぜたストーリー・テリングで世界を魅了
した傑作ノンフィクション。

27か国で刊行! ニューヨーク・タイムズ「今年の10冊」(2016年)

「哲学者」たちが、生を突きとおしたひとりの人間となって立ち上がってくる。かれ
らは、書き、喧嘩し、考え、酔っ払い、ダンスし、生きていた。
世界も自分も、どちらも手放さない思考はいかにして可能なのか。 
―――永井玲衣

<本書より>

実存主義を脇へ追いやった華やかな思想たちも、すでにそれ自体がひどく古び、衰退
してしまった。21世紀の関心事は、もはや20世紀後半の関心事と同じではない。もし
かしたら、現代のわたしたちは新しい哲学を探しているのかもしれない。
それならば、試しに実存主義者たちを再訪してみてはどうだろう。

わたしたちはいつのまにか、際限なく監視され、管理され、個人情報を握られ、あら
ゆる消費財を与えられ、それでいて本心を語ったり、秩序を乱したりすることはいや
がられ、人種や性や宗教やイデオロギーによる衝突が終わりにならない現状をつねに
思い知らされている。(略)だからこそ、自由を論じたサルトルの著作を読むとき、
あるいは抑圧の巧妙な仕組みを論じたボーヴォワール、不安を論じたキェルケゴー
ル、反抗を論じたカミュ、科学技術を論じたハイデッガー、認知科学を論じたメルロ
=ポンティを読むとき、最新の話題を読んでいるように感じることがあるのだ。

人種や階級のせいで迫害されている人たちや、植民地主義と闘う人たちにとって、実
存主義は文字どおり視点を変えてくれるものだった。というのも、サルトルはどんな
状況であれ、もっとも虐げられている人やもっとも苦しんでいる人からどう見えるか
で判断せよと主張したからだ。

抽象的なことをいくら考えても難題を解決することはできない。わたしたちは実人生
に即して考えるべきであり、最後にはみずからの存在すべてを背負って選択しなけれ
ばならない。

フランスでは、ガブリエル・マルセルがジャン=ポール・サルトルを攻撃し、サルト
ルはアルベール・カミュと仲たがいし、カミュはメルロ=ポンティと仲たがいし、メ
ルロ=ポンティはサルトルと仲たがいした。そしてハンガリー出身の知識人アー
サー・ケストラーは全員と仲たがいし、路上でカミュを殴った。

哲学は人生のなかに置かれてこそおもしろくなり、同様に、ひとりひとりの人生経験
は、哲学的に見ることでさらにおもしろいものになるとわたしは思っている。