わが町・新宿

個数:
  • ポイントキャンペーン

わが町・新宿

  • ウェブストア専用在庫が1冊ございます。(2019年07月20日 08時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 373p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784314011242
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

明治の終わりの新宿に生まれ、昭和のはじめに21歳で書店を創業。フォードのロードスターで本を運び、ギャラリーを併設した店内で同世代の作家や画家たちと文芸誌をつくった若き日から、戦後の再建を経て、「身を粉にしての遊び癖」で“夜の市長”と呼ばれた晩年まで―「眼くるめく変貌」を遂げた新宿の地で、文化を育て、発信しつづけた書店のあるじによる回想記、待望の復刊。

目次

明治の終わり
大正のはじめ
大正の中ごろ
大正の終わり
因果のはじまり
ほてい屋百貨店進出
紀伊國屋書店開店
画廊のハシリ
若き日の作家群
身を粉にしての遊び癖〔ほか〕

著者等紹介

田辺茂一[タナベモイチ]
紀伊國屋書店創業者、作家。明治38(1905)年、東京・新宿生まれ。慶應義塾高等部卒。昭和2(1927)年、家業の薪炭業を継がず、新宿に書店を開業。文芸・美術にも関心が強く、画廊も経営し、文芸誌「文藝都市」「行動」などを主宰した。戦後は「文藝時代」同人となり、数々の作品を発表。昭和56年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

明治の終わりの新宿に生まれ、昭和のはじめに22歳で書店を創業。
フォードのロードスターで本を運び、

ギャラリーを併設した店内で
同世代の作家や画家たちと文芸誌をつくった若き日から、
戦後の債権を経て、「身を粉にしての遊び癖」で
”夜の市長”と呼ばれた晩年まで―

見渡すかぎりの原っぱから「めくるめく変貌」を遂げた新宿の地で、
文化を育て、発信しつづけた書店のあるじによる回想記、待望の復刊。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件