どっちがへん?スペシャル

個数:
  • ポイントキャンペーン

どっちがへん?スペシャル

  • いわい としお【著】
  • 価格 ¥1,296(本体¥1,200)
  • 紀伊國屋書店(2012/10発売)
  • 紀伊國屋出版部の本いつでもポイント2倍!,クリスマス ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 36pt
  • ウェブストアに在庫がございます
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆前日の在庫データを元にしているため、品切れの場合がございます。
    ◆表紙のご指定は承っておりません。
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 22X26cm
  • 商品コード 9784314010856
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

内容説明

「どっちくん」と「へんくん」はふたごのきょうだい。みためはそっくり、いつもみんなまちがえる。ふたりがおえかきするとえまでそっくり!と、おもったら…あれれ?にているけれどなんだかちがう。みてみて!かたほうのえ、すっごくおかしいよ!みぎとひだり、どっちがへん?―。

著者紹介

いわいとしお[イワイトシオ]
本名、岩井俊雄。1962年生まれ。メディアアーティスト。1985年、筑波大学芸術専門学群在学中に、第17回現代日本美術展大賞を最年少で受賞。その後、国内外の多くの美術展に、観客が参加できるインタラクティブな作品を発表し、注目を集める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

きみだけの「どっちがへん?」をつくってみよう!



「どっちがへん?どこがへん?どうしてへん?」「ここ!ここ!」、ふたつの絵を前に子どもたちが楽しく話しだす一冊。

岩井俊雄の新作絵本!見て・探して・考える
『100かいだてのいえ』で絵本作家として大きな注目を集めるいわいさんの原点というべき『どっちがへん?』を新作絵本としてヴァージョンアップ! 判型が大きく、オールカラーに、さらにモチーフも増量。「どっちがへん?どこがへん?どうしてへん?」「ここ!ここ!」、似ているけどどこかが違うふたつの絵を前に、子どもたちが楽しく話しだす一冊


▼作者のことば
子どもの頃から「へん」なものを考えるのが大好きでした。幼い頃に描いていたのは、足のはえたサカナの絵です。足の数も、2本だったり3本だったり、デタラメなサカナをたくさん描いていました。親はそんな息子の絵を見て眉をひそめていたと思うのです。でも、本人は面白がって、姉たちに「みてみて!このサカナへんだよ!」と見せびらかしていたに違いありません。

「へん」なものを考えだすことは、世の中にない新しいものをつくることでもあります。誰も見たことのないものを生み出して、他人に喜んでもらいたい――常々そう考えている僕の創作の原点は、まさにこの足のあるサカナの落書きにあるような気がしています。

この絵本は、そんな自分の幼い頃を思い出しながら、一生懸命いろいろな「へん」なものを考えて描きました。「へん」なものを作り出すことにおいては、誰よりも天才の子どもたちと勝負!です。


▼プロフィール
岩井俊雄(いわい・としお)
1962年生まれ。メディアアーティスト。子どものころに母親から「もうおもちゃは買いません」と言われ、代わりに工作の道具や材料を与えられたことからものづくりに目覚める。1985年、筑波大学芸術専門学群在学中に、第17回現代日本美術展大賞を最年少で受賞。その後、国内外の多くの美術展に、観客が参加できるインタラクティブな作品を発表し、注目を集める。

テレビ番組『ウゴウゴルーガ』、三鷹の森ジブリ美術館の映像展示『トトロぴょんぴょん』『上昇海流』や、ニンテンドーDSのアートソフト『エレクトロプランクトン』、ヤマハと共同開発した音と光を奏でる楽器『TENORI-ON』なども手がける。2007年、NHK教育の幼児番組『いないいないばぁっ!』でオープニングアニメーションを担当。

著書に『いわいさんちへようこそ!』『いわいさんのどっちが?絵本』『いわいさんちのリベットくん』(以上、紀伊國屋書店)、『100かいだてのいえ』『ちか100かいだてのいえ』(以上、偕成社)、『光のえんぴつ、時間の粘土――図工とメディアをつなぐ特別授業』(美術出版社)、『アイデアはどこからやってくる?』(河出書房新社)などがある。