紀伊國屋映画叢書<br> ビクトル・エリセ

個数:
  • ポイントキャンペーン

紀伊國屋映画叢書
ビクトル・エリセ

  • お取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■3~5日以内

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆まれに、品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら

  • サイズ A5判/ページ数 206p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784314010719
  • NDC分類 778.236
  • Cコード C0074

内容説明

その繊細で緻密な作風が世界中のファンに愛され敬われる、孤高の映画詩人ビクトル・エリセ。作家の半生と全作品をさまざまな角度から解き明かした、エリセ研究書の決定版。

目次

ビクトル・エリセ略歴
ビクトル・エリセとの一問一答
ビクトル・エリセとの対話(二〇一〇年・オリジナル取材)
関連作品解説
エリセについてのプロポ―エリセとの撮影の思い出
ビクトル・エリセとの対話(一九八四年)
スペイン内戦から見た『ミツバチのささやき』と『エル・スール』
アデライダとビクトル―『エル・スール』の家をめぐって
沈黙の言語、視線の言語
アントニオ・ロペス・ガルシアと『マルメロの陽光』〔ほか〕

出版社内容情報

寡作ながら、繊細で緻密な作品が世界中のファンに愛される映画作家。その世界を様々な角度から検証した、エリセ研究書の決定版。

長編作品は三本のみという寡作ながら、繊細で緻密な映画製作によって、全ての作品が世界中の映画ファンに愛されている、スペインの映画監督ビクトル・エリセ。オリジナル取材にもとづく全作品解説、本人の談話、作品背景を理解するための論考、詳細な文献リスト等により、その世界を多角的に検証する、エリセ研究書の決定版。

【著者紹介】
1969年生まれ。
映画研究、ライター、翻訳、編集。主な仕事にエスクァイア・マガジン・ジャパンのe/mブックスシリーズや、映画パンフレットの執筆・編集など幅広く手がける。翻訳者としてボグダノヴィッチ『私のハリウッド交遊録』他。