化学の結婚―付・薔薇十字基本文書 (普及版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

化学の結婚―付・薔薇十字基本文書 (普及版)

  • お取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■3~5日以内

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆まれに、品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 348p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784314009317
  • NDC分類 943
  • Cコード C1098

内容説明

ヨーロッパ精神史に深い刻印を残した文学的・思想的事件…薔薇十字四大文書を原典から完全翻訳。

目次

化学の結婚
薔薇十字の名声
薔薇十字の信条告白
全世界の普遍的かつ総体的改革

著者紹介

種村季弘[タネムラスエヒロ]
1933年東京生。エッセイスト・評論家。ドイツ文学者。パラケルスス、マゾッホ、カリオストロなどの評伝、錬金術、ぺてん師、怪物などをめぐるエッセイを多数発表

出版社内容情報

★谷川 渥さん(国学院大学教授)「私のおすすめ」(「i feel」出版部50周年記念号より)★
「 「薔薇十字」に関する基本文書のすべてを収めた驚くべき書物である。刊行時期は一六一四年から一六年までの三年間。著者二十歳代の折だが、執筆は十代の時らしい。
 クリスティアン・ローゼンクロイツなる人物に仮託してつくりあげられたバロック的な思弁の書。とはいえ、ルターの家紋も薔薇と十字であり、パラケルススの家紋にも薔薇が用いられているように、少なくともルター主義と錬金術の伝統が関与していたと見なければならない。「薔薇十字」とは、つまるところ宗教改革を背景とした特殊な思想運動であったことを本書は明らかにしてくれよう。
 王と王妃の結婚式への招待状が処女天使によって手わたされるところから始まる七日七夜の異様な物語「化学の結婚」は、錬金術の諸作業と重ね合わせられたらしい徹底したアレゴリー文学である。謎めいた物語の進行に半ばあきれながらも、これをこなれた日本語に移しえた訳者の力量にあらためてつくづく感心させられる。」