モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない

個数:
  • ポイントキャンペーン

モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年02月22日 05時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 332p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784314008617
  • NDC分類 361.4
  • Cコード C0011

内容説明

言葉や態度によって、巧妙に人の心を傷つける精神的な暴力=モラル・ハラスメント。家庭や職場で日常的に行なわれる、この「見えない暴力」は、相手の精神状態をしだいに不安定なものにし、ひどい場合は自殺に追いこむという。いったいどんな人間がこのような暴力をふるうのか?いかなる方法がよく使われるのか?どのような性格の人が標的にされやすいのか?どうしてその関係から抜け出せないのか?経験豊富な精神科医がその実態を徹底解明。人間関係に悩むことの多い現代人にとって必読の書である。

目次

第1部 モラル・ハラスメントとは何か(家族におけるモラル・ハラスメント;職場におけるモラル・ハラスメント)
第2部 モラル・ハラスメントはどのように行なわれるか(巧妙に支配下におく;不安に陥れる;心を破壊する ほか)
第3部 モラル・ハラスメントにどう対処すればよいか(支配されたことの影響;より長期の影響;被害者へのアドバイス ほか)

出版社内容情報

テレビ朝日「朝まで生テレビ」話題に!
官僚の間で密かに読まれている <裏バイブル>

「いい人」こそが狙われる!

巧妙にも自分の手は汚さずに、言葉や視線、ほのめかしや意味ありげな仕草で相手のこころを傷つけていく行為=モラル・ハラスメント。家庭で職場で日常的に行なわれるこの「見えない暴力」は、被害者をうつ状態のスパイラルへと陥らせ、ひどい場合は自殺に追い込むという。本書は豊富な臨床体験に基づいて、その実態を徹底分析。有効な対処法も提示する。
解説:町沢静夫(精神科医)

*****************

人間関係につぶされないために!!
      現代人の必読書


パワハラ、セクハラ、ドクハラ、いじめ、嫌がらせ、口撃、
   ことばの暴力・・・・・
      みんな「モラル・ハラスメント」だ!!

あなたをむしばむ 「精神的な暴力」!!

*****************

モラル・ハラスメントに特有の
「相手を不安に陥れる」コミュニケーション

*言いたいことをはっきり言わず、曖昧な言い方でほのめかす。
*肩をすくめる、ため息をつく、といった間接的で意味ありげなしぐさをする。
*何かを言いかけて、途中でやめる。
*自分の言っていることはいつでも正しいというような口ぶりで話す。
*相手の考え方や欠点を嘲弄したり、人前で笑いものにしたりする。
*ひそかに噂を流し、出所がわからないようにしながら相手を傷つける。 ・・・・

*****************

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件