延長された表現型―自然淘汰の単位としての遺伝子

  • ポイントキャンペーン

延長された表現型―自然淘汰の単位としての遺伝子

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 555p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784314004855
  • NDC分類 467.2
  • Cコード C1045

内容説明

進化論といえば、まず問題になるのが、適応とか自然淘汰という概念である。一体誰にとっての適応であり、誰にとっての自然淘汰か。ここでドーキンスは、従来の常識に反し、革命的な主張をする―それは、自己複製子としての資格をもった利己遺伝子である、その意味では、生物個体はヴィークル(乗物)にすぎない、と。知的興奮を呼び起すスリリングな科学読物。

目次

1 ネッカー・キューブとバッファロー
2 遺伝的決定論と遺伝子淘汰論
3 完全化に対する拘束
4 軍拡競争と操作
5 生殖系列の能動的な自己複製子
6 生物体と集団とミーム―何が自己複製子で、何がヴィークルか?
7 利己的狩りバチか利己的戦略か?
8 無法者遺伝子と変更遺伝子
9 利己的DNAと跳躍遺伝子とラマルク騒動
10 「適応度狩り」―五つの苦悩
11 動物のよる造作物の遺伝的進化
12 寄生者遺伝子の効果としての寄主表現型
13 遠隔作用
14 生物体を再発見する

出版社内容情報

前著『利己的な遺伝子』で衝撃的デビューをとげたドーキンスの第2作! 前著の立場を拡大・深化させ,利己的遺伝子から見た生物観,進化像,世界像を全面展開する。
前著に劣らず刺激的かつ挑発的な内容で,生物学や進化論の最前線のトピックを巧みに料理しながら,生物や進化の見方にパラダイム変換を要求する。知的興奮を呼び起すスリリングな科学読物。