叢書・脳を考える<br> 言語と脳

個数:
  • ポイントキャンペーン

叢書・脳を考える
言語と脳

  • 杉下守弘
  • 価格 ¥1,870(本体¥1,700)
  • 紀伊國屋書店(1985/04発売)
  • 紀伊國屋出版部の本いつでもポイント2倍!
  • ポイント 34pt
  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784314004466
  • NDC分類 496.9
  • Cコード C0340

出版社内容情報

人間は言葉を自由自在に使いこなすことで豊かな文化を創造してきた。しかし言葉と一口に言っても,その中には話す,聞いて理解する,読み書きなど様々な複雑な働きがある。一体脳はいかなる仕組でこうした言語活動を操っているのだろうか。本書は,言語と脳をめぐる様々な興味深い知見を一般の人にもわかるようにやさしく解説した本である。


第1章 精神の座はどこか
第2章 言語の大脳局在説
第3章 左利きの人の言語と脳
第4章 鏡映文字
第5章 ブローカ中枢
第6章 ウェルニッケ中枢
第7章 視覚性言語中枢
第8章 日露戦争と失語症患者
第9章 話し言葉だけの障害
第10章 言葉を理解できないだけの障害
第11章 読むことだけができない障害
第12章 書くことだけができない障害
第13章 言語と脳の今日的地平
付録    失語症における漢字・仮名問題