• ポイントキャンペーン

日本の考古学〈上〉―ドイツ展記念概説 (普及版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 406,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784311750373
  • NDC分類 210.2

内容説明

「旧石器時代」から「縄文」「弥生」「古墳」「飛鳥・奈良」まで各時代・各テーマの第一人者、八十三人が、各時代ごとの概説と様々な各論・コラムで、発展のダイナミズム、連続と変革、日本列島の地域性など日本考古学の最先端を、九十四篇の論考で構成。ついに実現した上下二冊で説く画期的な大作。

目次

第1部 日本考古学の基礎(日本考古学・日本歴史学の時代区分;日本列島の形成史)
第2部 旧石器時代(旧石器時代概説;更新世と完新世の哺乳類 ほか)
第3部 縄文時代(縄文時代概説;縄文人 ほか)
第4部 縄文時代から弥生時代へ(なぜ縄文時代は終わったのか;縄文人から弥生人へ ほか)
第5部 弥生時代(弥生時代概説;稲・鉄器・青銅器 ほか)

出版社内容情報

旧石器時代から縄文・弥生・古墳・飛鳥・奈良時代まで、概説と各論を第一線の学者たち83人が執筆し、日本考古学界の総力を結集した画期的大作の普及版!