京都の歴史を足元からさぐる 洛北・上京・山科の巻

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 258p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784311203152
  • NDC分類 216.2
  • Cコード C0021

内容説明

日本の都として千年余の歴史を誇る古都・京都に秘められた歴史遺産の数々。洛北・上京・山科一帯に隠された歴史の跡を実地に歩きエピソードを綴る。有名な神社・寺院はもちろん、地元の人でも知らない歴史スポットにも光を当てた、森史学の集大成。

目次

第1章 賀茂川と高野川の上流へ―鞍馬・貴船・大原の里(丹波の桑田郡に接する地;貴船神社と鞍馬寺 ほか)
第2章 洛北、岩倉盆地の周辺をさぐる―小野郷と栗栖野郷のほとり(小野と栗栖;北山の氷室 ほか)
第3章 上賀茂神社から下鴨神社へ(上賀茂縄文遺跡;山背国と賀茂社 ほか)
第4章 出雲郷や花の御所―御霊神社から相国寺のあたりへ(上と下の出雲里(郷)
出雲路の道祖神としての幸神社 ほか)
第5章 山科盆地とその周辺―山科陵から醍醐寺周辺へ(近江の大津宮と山科;『万葉集』にみる山科陵 ほか)

著者等紹介

森浩一[モリコウイチ]
1928年大阪府生まれ。同志社大学大学院修士課程修了。考古学者。同志社大学名誉教授。和泉黄金塚古墳の発掘調査など多くの遺跡を調査。学生のころから、古代学を提唱(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tuppo

2
考える葦のイメージが浮かんだ。大乗には近寄りがたい2016/11/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/649444

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。