KAWADEムック 文藝別冊<br> 総特集向田邦子 - 脚本家と作家の間で (増補新版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

KAWADEムック 文藝別冊
総特集向田邦子 - 脚本家と作家の間で (増補新版)

  • 向田邦子
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 河出書房新社(2021/07発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 70pt
  • 提携先に48冊在庫がございます。(2021年11月27日 18時04分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 239p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309980317
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C9495

出版社内容情報

没後40年、変わらぬ人気の向田邦子の魅力に迫る総特集。、単行本未収録の発掘エッセイや、パリから届いた原稿を増補した決定版。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ツキノ

24
2013年の初版を持っているのだけれど、大事にしまい込んでいた。2021年7月発行の増補新版、本選びの会で回ってきたのを機に時間をかけて読む。強く印象に残ったのは田辺聖子、黒柳徹子が書いた訃報を受けたときのこと。木皿泉の分析になるほど、と思ったのは「日常の向こうに何を見ていたか、向田さんはおそらくセックスを見ていたのではないか」というところ。ドラマの脚本や小説のなにげない動作や会話、感情表現が「生々しい」と感じたのは「これか!」と腑に落ちた。向田さんは生涯をかけて読み続けたい作家だ。2021/10/01

Hiroyuki Fujisawa

3
没後40年も経っているとは思ってなかった。今読んでも古びていない。未読作品もあるので、手にとってみよう。2021/08/20

sarasa

1
もっと沢山の作品を読みたかったです。2021/09/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18058786

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。