KAWADEムック 文藝別冊<br> クリストファー・ノーラン - 映画の奇術師

個数:

KAWADEムック 文藝別冊
クリストファー・ノーラン - 映画の奇術師

  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 河出書房新社(2021/02発売)
  • ポイント 13pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月05日 00時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 207p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309980287
  • NDC分類 778.233
  • Cコード C9474

出版社内容情報

新作『TENET テネット』からデビュー作『フォロウィング』まで、作家性とメガヒットを両立させる稀有な映画監督の魅力に迫る。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たらお

17
ノーラン映画のお気に入りは①ダークナイト②インセプション。お気に入りの映画評論家が見つかるかなと思ったが、小難しい映画を小難しく論ずるものが多く、町山さんにしてもノーラン映画に関わる書籍のことで今回はどうも難しい。分かったのは、多くの脚本に弟のジョナサンが関わっており、ダークナイトでは初稿の時点で完成に近いジョーカー像は示されていたようだ。どちらにしても、新作が楽しみな監督である。2021/03/16

Masayuki Shimura

3
【ノーランという映画作家の面白さは、誰も観たことがないような壮大なギミックやスペクタクルで観客を驚かせながら、常に古典的な甘いメロドラマを描こうとしていることだと思っている。その試みが成功しているかどうかは新作ごとに観る側が判断するとして、ノーランは、時に相反するこの両輪にこだわり続けている監督なのである】(文中より引用)・・・・・ノーラン監督の作品を捉える視点を一段階深めてくれること間違いなし。「どうしてノーラン監督の作品はノーラン監督らしいのか」という問いに多くの回答を与えてくれる作品でした。2021/06/15

ねこ

1
メメントを見なくっちゃ あと、音楽に気をつけてもう一回インターステラとテネットを見たいかな。で、キップ ソーンのブラックホール本を読みたくなった。2021/05/04

monado

1
町山智浩の原稿目当て。参考文献がわかってよい。2021/03/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17405449

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。