KAWADEムック 文藝別冊<br> 志村ふくみ - 一色を、一生をかけて追い求め

個数:

KAWADEムック 文藝別冊
志村ふくみ - 一色を、一生をかけて追い求め

  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 河出書房新社(2020/05発売)
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月04日 14時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 199p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309980126
  • NDC分類 753
  • Cコード C9470

出版社内容情報

染織家・志村ふくみ、95歳。民藝などの先達の言や、国内外の文学を礎に、随筆家としても活躍する人間国宝の魂に迫る、初の総特集!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミー子

5
NHKの日曜美術館でたまたま志村ふくみさんのことを初めて知って素晴らしいと思い、書店で見つけたこの本を買った。染織家であり、本物の芸術家でもあると思う。先日読んだロダンの芸術論と、志村ふくみさんがおっしゃっている染織の話とが、とても共通するのも興味深かった。美とは自然にあり、自然の中の美を人が抽出することで、本当に素晴らしい作品となる。そして、自分の分野(志村さんの場合は染織)以外の、自分に栄養を与えるものを持つこと。志村さんの場合は文学であり、美術や音楽でもあったと思う。この本を読んでよかった。2020/08/23

takakomama

3
インタビューや対談、評伝、エッセイ、出会った人々や愛読書など。自然を愛し、仕事に真摯に向き合い、未来を憂う・・・ ゲーテやリルケなど愛読書は、私には難しいかしら。ふくみさんの本を読んで、私も草木染を始めたので、いつか作品の実物を見たいです。2020/07/19

aoto

1
芸術論な話が大好物。志村ふくみさんのエッセイをいくつか集めてたり、対談集を集めてたり。「色彩」というものについての概念を変えさせてくれるような話が多く、それは一芸を極めた志村さんだからこそ語ることのできる深みを感じられた。日本語の色彩に対する意識の高さは素敵だよなと。とても勉強になる。また、言葉や表現が素敵。スッキリとしながらも、細部に対する拘りが感じられて良き。志村さんの目を通して描かれる光景や考え方が目に浮かぶ。ごく普通の日常を描くことで見えてくる感情の悲喜交交が素敵。2020/10/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15744162

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。