KAWADE夢ムック 文藝別冊<br> 総特集森見登美彦 - 作家は机上で冒険する!

個数:

KAWADE夢ムック 文藝別冊
総特集森見登美彦 - 作家は机上で冒険する!

  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 河出書房新社(2019/01発売)
  • ポイント 15pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月22日 04時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 335p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309979625
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C9495

出版社内容情報

『太陽の塔』『夜は短し歩けよ乙女』『有頂天家族』から『熱帯』まで。その唯一無二の小説世界の秘密に迫る、登美彦氏、初の総特集!

河出書房新社編集部[カワデショボウシンシャヘンシュウブ]
編集

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hiro

105
ファンブックではお馴染みのロングインタビュー、対談(あの明石氏も登場)、単行本未収録の短編小説3編、仕事場の探訪、自身の全著作解説、森見登美彦をつくった100作等々、ファンにはたまらなく楽しいコンテンツが満載だった。しかし、その中でも「偽電気ブラン」、「詭弁論部」、「おともだちパンチ」等々のあの独特の用語を解説した『辞典』には、モリミ―氏のディープ世界をより身近に感じることができた。モリミ―氏ファンには間違いなくお勧めのファンブックだ。2019/05/22

タカユキ

101
みんな大好きモリミーの秘密に迫れる一冊!各作品の背景や作品間の関係が分かり、既に読んだ本にも新たな楽しみが加わります。「言葉と世界は同時に発生するものだとしか思えない」という言葉が「熱帯」という作品がなぜ産まれたのかが分かり印象に残った。「森見登美彦をつくった100作」には書籍だけではなくコミックや映画も含まれていて、特に「うる星やつら ビューティフル・ドリーマー」が紹介されていたのは納得!そして三編の単行本未収録短編はSF、ファンタジー、ホラーと非常に楽しめました!そして盟友・明石氏との対談は必読です!2019/05/04

鱒子

93
まるっと一冊 盛りだくさんの森見さん。読めども読めどもキリがないので、いったん登録です。企画の中でも「森見登美彦をつくった100冊」、わたしが読んでない本もたくさんありますが、意外と共読本が多くてとってもとっても嬉しいです。恩田陸さんや明石氏との対談、萩尾望都さんや宮城あや子さんの寄稿、フジモトマサルさんのイラスト、読みどころが多すぎて、もうスゴイ!2019/03/04

♪みどりpiyopiyo♪

89
面白かったー♪ 森見さんの本は いつも愉快に読んでますが、この本も森見さんのお人柄とか創作の姿勢とか 何度も笑ってしまいました♪ ■中でも、学者や評論家など各方面の人が文学とか民俗学とかの視点で論考してるのが面白かった☆ 「近代文学の志賀・松本式三脚と庄司・村上式フィルター」とか「森見作品の女の子3分類」とか。これ、森見ファンだけでなく小説読みの人には面白いかと♪ 特に近代文学好きには一読をお薦めしたいです! ■明石氏との対談も 森見ファンには ほんと面白くって嬉しくなっちゃいました♪(2019年)(→続2019/03/06

naoっぴ

84
森見さんの著作の裏話はもちろん、血となり肉となった本、対談、未収録短編などをつめこんだ盛りだくさんの内容。知的なんだか阿呆なんだか、真面目なんだか不真面目なんだか、現実だか幻想だかわからないような独特の不思議な作風は、計算なしの見切り発車な執筆形態から生み出されていたのですね。作品の生みの苦しみ、もがきあがきヘタレまで隠さず暴露してしまう誠実さ(?)も好きです。個人的にはディープかつマニアックな巻末の頁が楽しかった!次作はどんな作風が出てくるか今から楽しみです。2019/03/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13338788

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。